【フォルス ウェーブメーカー】その特徴や機能、ラインナップ、評判について。

 アクア初心者からプロまで幅広く使われている、超有名サーキュレーターシリーズ「フォルス ウェーブメーカー」。今回、そのシリーズのうち「WMP-4000R」「WMP-20000R」の二つを手に入れましたので、その特長や機能、ラインナップ、購入者からの評判などを踏まえつつさっそくレビューしていきたいと思います。

フォルスウェーブメーカー



●「フォルス ウェーブメーカー」の特徴


【様々な流れを水槽に作り出す!コスパ最強】

 ↓以下「フォルス ウェーブメーカー」の特徴一覧。

◆ コストパフォーマンスに優れたWMPシリーズ。


◆複雑な波を作り出す、DCウェーブポンプ。専用コントローラーで様々な水流を。


◆シンプルなデザインで、より効果的に波を作り出す。


◆コントローラーには無線通信機能が内蔵。これにより、2台のWMPが同時稼働可能に。


◆水流の強さがLEDモニターで段階的に表示。一目でわかる便利さ。



 そしてこの「フォルス ウェーブメーカー」で一番驚いたのは、「高性能なのに低価格!」という点ですね。これほどまでに完成度が高いのにリーズナブル。実際に使ってみて度肝を抜きました。


●「フォルス ウェーブメーカー(WMP-4000R)」の機能


【WMP-20000Rとの違いも】

 さてそれでは、この「フォルス ウェーブメーカー」の具体的な機能・性能をご紹介します。「WMP-4000R」と「WMP-20000R」の大きな違いは流量や本体の大きさぐらいで、基本的な機能は変わりません。ただし!この「フォルス ウェーブメーカー」は、本体こそ小型ながら、非常にパワフルになっています。そのため、一番小柄な「WMP-4000R」でも、120cm水槽に波を作り出すのには十分です(以下に、実際に水槽で試用した動画を貼りますのでご検討下さい)

↓以下「フォルス ウェーブメーカー」の機能。

「WMP4000R」  水量:500/4000L/時  適応水槽:幅30cm水槽~
「WMP20000R」  水量:1700/20000L/  適応水槽時幅120cm水槽~
※この「適応水槽サイズ」はあまり信用しないほうがいいと思います。

◆付属のコントローラーで稼動間隔や流量、モードの操作が可能。


フォルス ウェーブメーカー②


◆モードの変更は「Mode/Night」ボタンで変更可能。

  • W1間欠運転(ON/OFF)を行う標準的なモード。
  • W2段階的に高速→低速→高速…と変動するモード。W1と違いポンプが止まることは無く、流量が30~100%の範囲で設定されている。
  • H定速運転モード。
  • ELSE:自然の海を連想させる、ランダムな水流を作り出す。
  • C:2台以上のウェーブメーカーを同期稼働させているときに使用するモード。

◆動作感覚の設定(W1、W2、Cモード時限定)。

 調整ノブを右に回せばインペラーの間隔が長く、左に回せば間隔が短くなる。

◆流量の設定(W1、H、Cモード時限定)。

 SPEED/FEEDボタンを押すごとに、流量を設定することが出来る。現在の流量は、スピードランプで示される。

◆ 【その他のモード設定】

  • FEEDモード:10分間ポンプが停止。その10分後、自動で運転が再開。
  • Lockモード:調整ノブの設定を固定できる。不慮の接触防止に。
  • Nightモード暗くなると(明暗センサー付き)、最低出力で定速運転を開始。

 これほどまでに多彩な機能を有しながらこの価格...正直驚きです。そして個人的に驚いたのは、「コントローラーに明暗センサーが内蔵されている」ということです。部屋の照明を落とすと自動的に最低出力で低速運転(勝手にHモードに)切り替えられます。もちろんこれは「Nightモード」に設定している時の機能ですので、「夜間も普通に回していたい」という方もご心配いりません



【実際に稼働中の動画を見てみよう!】


 撮影した動画が以下になります。この「フォルス ウェーブメーカー」がいかにパワフルなのかを分かって頂けるのではないでしょうか??




●「フォルス ウェーブメーカー」のラインナップ


【ニーズに応える多彩なラインナップ】

 この「フォルス ウェーブメーカー」には、様々規格の水槽に合うようにラインナップがいくつかあります。しかし、先ほども記述したようにこのシリーズのポンプは極めてパワフルなため、ご自身が考えられている「ウェーブメーカー」よりワンランク下の規格の物を選んだ方が良いかと思います。それでは実際にどのようなラインナップがあるのかを、以下にご紹介します。

※人気商品のため、入荷してもすぐに売り切れてしまう場合があります。

◆フォルス ウェーブメーカー DCポンプ 「WMP-4000R」


【Yahoo!ショッピングで比較する】

◆フォルス ウェーブメーカー DCポンプ 「WMP-8000R」


【Yahoo!ショッピングで比較する】

◆フォルス ウェーブメーカー DCポンプ 「WMP-15000R」


【Yahoo!ショッピングで比較する】

◆フォルス ウェーブメーカー DCポンプ 「WMP-20000R」


【Yahoo!ショッピングで比較する】

◆(旧式?)フォルス ウェーブメーカー 「WMP-4000R」


【Yahoo!ショッピングで比較する】

◆(旧式?)フォルス ウェーブメーカー 「WMP-8000R」


【Yahoo!ショッピングで比較する】

◆(旧式?)フォルス ウェーブメーカー 「WMP-20000R」


【Yahoo!ショッピングで比較する】


●個人的商品レビュー


【パワー抜群で多機能なのにこの価格は大満足!】

 以前ご紹介した「カミハタ ポラリオⅢ(記事はコチラから)もなかなか面白い一品でしたが、この「フォルス ウェーブメーカー」は更にその上を行く代物でした。記事中でも幾度となく言いましたが、とにかくパワフル!120cm水槽でもWMP-4000Rで事足りるほどです。それに様々な機能も搭載しており、おまけに稼働音がほとんどしない!これほどまでに完成度の高いサーキュレーターがあったでしょうか...?
 少々褒めすぎたような気もしますが、それほどまでにこの商品は魅力的でした。



【購入者・利用者の評判】

★★★★★
 最高です!90cm水槽に使用していますが(WMP-8000R)、若干強いのでパワーを常に50%にして使用しています。以前はWMP-4000Rを使用していましたが、今回は大荒れの海を再現したくこちらにしました。オススメです。

★★★★☆
 かなり強い水流が作れますが、使用する水槽をきちんと考えなければ、水槽が洗濯機状態になるかもしれません・・・。個人的にはとても満足のいく商品です!

★★★☆☆
 45cmのキューブ水槽で使用していますが、「Eモード」「W2モード」は、強過ぎてほとんど使えません(笑)。底砂が舞ってしまい大変な事に・・・。

 これらのレビューからもわかる通り、半端なくパワフルです。購入する際はくれぐれも気を付けて下さい(笑)。

 
いかがでしたでしょうか?今回は「フォルス ウェーブメーカー」についてご紹介いたしました。こちらはかなりおすすめの一品です!ただし、購入する際はくれぐれも自宅水槽に合ったものを選んでくださいね。あまりのパワフルさに底砂が舞い上がってしまう恐れがあります。また、こちらの商品はかなり人気商品のため、在庫切れになってしまうことがしばしあります。購入はお早めに。それではまた、カシオでした。

フォルス ウェーブメーカー③