【カミハタ ポラリオⅢ】左右交互に水流を作り出す、淡水・海水両用の新感覚プログラミングサーキュレーター!その特徴や仕様、評判などについて

 今回は、カミハタより発売されている新感覚プログラミングサーキュレーター「ポラリオⅢ」のご紹介をしていきます。この商品の面白いところはやはり、「左右交互に水流を作り出す」というところですね。これにより水槽内に自然な水流ができ、水が効率よくかき混ぜられることで海藻やサンゴなどの成長を促します。

ポラリオⅢ



●ポラリオⅢの特徴や仕様


【ポラリオシリーズの特徴や、ポラリオⅠ・Ⅱ・Ⅲの違いについて】

 「ポラリオ」シリーズの特徴は以下のようになっています。

◆2方向に、交互に水流を発生させる水中ポンプ。

◆淡水・海水両用。

◆水流はあらかじめプログラム制御されており、一定時間三段階に分けて水流が強まった後、今度は反対方向へと水流が切り替わる。(水流0%→50%→75%→100%)

◆ブラケットで、360°方向調整が可能。

◆強力なマグネットホルダーでしっかり固定。

◆水の淀みを軽減し水質を安定させる。



【ポラリオⅠ】

 ・最大流出量約66(L/min)
 ・適合水量目安35~100L
 ・ポンプサイズ48×50(奥行×直径mm)
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】

【ポラリオⅡ】

 ・最大流出量約116(L/min)
 ・適合水量目安100~190L
 ・ポンプサイズ54×60(奥行×直径mm)
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】

【ポラリオⅢ】

 ・最大流出量約166(L/min)
 ・適合水量目安150~380L
 ・ポンプサイズ54×60(奥行×直径mm)
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】

↑実際に手にした大きさ。

ポラリオⅢ③


●水槽内に設置したポラリオⅢ


【90cm水槽に実際に設置してみました!】

 自宅の90cm海水水槽に、ポラリオⅢを設置してみました。前面から見た様子がこちらです↓
(水槽が汚れているのはご了承下さい...)

ポラリオⅢ⑤

コードは見えていますが、ポンプ自体が小型なためライブロックで隠すのは簡単ですね。

ポラリオⅢ⑥

こちらは水槽上部から見た様子になります↓

ポラリオⅢ④




●個人的商品レビュー


【90cm水槽だとやや馬力不足...でも面白い!!】

 90cmには、ポラリオⅢであってもやや流量が足りない気がします。ただこれには水槽のレイアウトや個人の好みなどが関係するので一概には言えません...少なくとも私の場合、海藻もあるためもう少し強い水流でもよかったかな?と感じました。
 なのでメインのポンプがこれ一台...というのは厳しいですが、水槽の両側に取り付ければまた面白くなりそうです。なんせ二台付けても四方向から水流が出てくる訳ですからね。かなり複雑な水流が発生していい感じになりそうです。ただこれが60cmの水槽であれば、ポラリオⅢ一台だけで十分な気がします!

 感想が色々出てきますが、要点をまとめるとこんな感じでしょうか?↓
・90cm水槽だとやや力不足。60cmだと十分な気がする。
・水流の強さが変化していくのは面白いが...0→50%の間の、水流が発生しない期間がやや長い。
・ポンプの両側から交互に水流が発生するため、従来のポンプより複雑な水流が出来る。
・片側の向きだけ変えることは不可能なため、一方を上向きにするともう片方は必ず下向きになる。
・90cm水槽の場合、メインポンプ一台とこのポラリオⅢを併用すればかなりいい感じに?もしくはポラリオⅢ二台でもいいかも...



【購入者・利用者の評判】

★★★★☆
 価格は安くて良かったのですが、水流が思ってたほど強くありませんでした。
★★★★★
 非常にいい水流を作り出してくれています。 90cm水槽で使っているのですが、ポラリオⅢで調度いいくらいだと思いました。そんなに熱を出さないのに水流は強く、左右にランダムな水流を作ってくれるのがいいです。 難点としては、両側面から交互に水流を発生させるため、下向きな水流を作ることが出来ないことでしょうか。

 商品の購入を考える際、その商品のレビューをチェックするのはとても大切なことですね。本当に参考になります。

ポラリオⅢ②




 
 いかがでしたでしょうか?本日はカミハタの「ポラリオ」についてご紹介致しました。水槽用のサーキュレーターも種類豊富で色々と目移りしてしまいますが...これからも気になった商品はお財布と相談しながら買いあさっていきたいと思います(笑)。
 それでは、カシオでした。

【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】