チョウクラゲの学名・分布・時期

 蝶のように羽ばたきながら泳ぐ姿からこの名前が付けられました。有櫛動物はその見た目や泳ぎ方が多種多様なため、見ていて全く飽きませんね。
 彼ら有櫛動物はミズクラゲアカクラゲなどが属する刺胞動物と違い、雌雄同体です。つまり、一個体だけで繁殖することができます。おまけにポリプ世代がないため、生涯浮遊生活。餌に関しては、同じ有櫛動物門の中でもウリクラゲなどの属する無触手綱のクラゲはクラゲ食のため、餌の確保は難しくなってしまいます。しかし、このチョウクラゲやカブトクラゲなどの属する有触手綱、彼らは小型のプランクトンなどを捕食するため、一般的な刺胞動物門のクラゲと同様に飼育することができます。
 ここまで聞くと、「クシクラゲ類の飼育や繁殖は容易?」と感じてしまいますが、実際に飼育をしてみるとそうでもありません。割と長期飼育の難しいクラゲに思います
 しかし時期によっては海面に大量に発生することがあるため、その採集は簡単です。一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?



有櫛動物門/有触手綱/カブトクラゲ目/チョウクラゲ科



●チョウクラゲとは


【学名】

Ocyropsis maculata

【分布】

三陸南部以南

【時期】

春~秋

【傘径】

約10cm

【飼育水温】

20℃


▼以下関連商品
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】


▼関連記事
【クラゲ豆知識②】刺さないクラゲと刺すクラゲ