ドフラインクラゲの学名・分布・時期

 ガラス細工のような透き通った体に十字の白い生殖腺が入った、とても美しいクラゲです。傘の四カ所から各20~30程の触手が伸びています。
 「ドフライン」という名前ですが、これは明治末期にドイツの植物学者「フランツ・ドフライン」が東京湾でこのクラゲの採取したことに由来しています。このドフラインクラゲは初夏頃の海面よく観測されます。採取も容易で、成熟した個体を複数手に入れることが出来れば繁殖も比較的簡単行うことができます。しかしそのポリプは非常に小さいため、注意が必要ですね。成体も十分小さいですが...。



ヒドロ虫綱/花クラゲ目/エダクラゲ科



●ドフラインクラゲとは


【学名】

Nemopsis dofleini

【分布】

九州北部~北海道

【時期】

春~初夏

【傘径】

約2cm

【飼育水温】

15~20℃



スポンサーリンク

関連記事

リニューアルサイトOPEN



リニューアルサイト注目記事
112

Sweets of the world

世界中のスイーツが大集合!歴史や味、通販等、お菓子の情報が目白押し。
Sweets of the world

SFホラー映画・関連グッズ

おすすめのSF・ホラー映画情報満載!その他、関連するホラーグッズも多数掲載中。
ホラーチャンネルロゴ(バックなし)

プロフィール

Mr.CASSIO

Author:Mr.CASSIO
「どこよりも美しいクラゲ」を、自信をもってお送りさせて頂きます。
「家でクラゲを飼育してみたい!」という方、どうぞお気軽にご相談下さい。



※当サイトでは、「楽天APS」および「Amazon.co.jpアソシエイト」を使用しています。

↓YouTubeにて動画配信中↓

ロゴ(白バック用)