記事一覧

【中華クラゲでダイエット!?】気になるその栄養やカロリー、作り方まで

 ダイエット食品としても注目されている「中華クラゲ」。今回は、そんな中華クラゲの栄養や効能、作り方、原材料のクラゲ紹介、気になるカロリーまで徹底解説していきます。記事後半には、カシオおすすめの中華クラゲ料理、「きゅうりと中華クラゲの和え物」のレシピもご紹介します。歯ごたえがあり食べごたえ満点ながらも、カロリーは低い...そんな夢のような一品です。




<目次>

●栄養・効能について
●中華クラゲのカロリー
●原材料は何クラゲ?
●中華クラゲの作り方
●おすすめのクラゲレシピ


●栄養・効能について


【クラゲは95%が水分...つまり栄養は?】

 クラゲの体は約95%が水分で、その他5%のたんぱく質などで体が構成されています。そう、つまりビタミンなどはほとんど含まれていないのです。確かにこの保水力の高いたんぱく質、「化粧品」として有効ですが、体内に取り入れたところでその栄養価にはあまり期待出来ないようです。
 しかし漢方の世界では、ちゃんと薬効があるとされているようです。主な効能としては、二日酔い体のむくみ改善、また便秘改善などが挙げられます。



▼関連記事
【クラゲ化粧品】クラゲ由来のコラーゲンでぷるぷる素肌に!?近年注目されつつあるクラゲ化粧品紹介






●中華クラゲのカロリーについて


【本当にダイエットに適している?他の食材とのカロリー比較】

 さてそれでは、一番気になる「クラゲは本当にダイエットに適した食材なのか?」についてお話ししていきます。
 みなさんは、「ダイエット向けの食材」と聞いて真っ先に何が頭に浮かびますか?鶏肉?お酢?大豆?玄米?あるいは魚?パッと思い浮かべるだけでも様々あるかと思います。そしてそれらの食材にはそれぞれ、ダイエットに向いていると言われる理由(効能・栄養)があります。そう例えば...。

  • 穀物:食物繊維豊富で、腹持ちが良い。
  • お酢:脂肪燃焼を促進させる。脂肪が付きにくくなる。
  • 鶏肉:高タンパク低カロリー。


 これはもう世間の一般常識ほど普及している情報ですね。さてそれでは本題、栄養価は乏しいと言われている「中華クラゲ」をわざわざ摂取するというのは、ダイエットをするうえで一体どのようなメリットがあるのでしょうか?それはずばり、「カロリー」です。


【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】

 なんとこのクラゲ、100gあたりたったの22kcalしかありません。分かり易いよう、他のダイエット向き食材のカロリーを出してみましょう。すると...。

  • クラゲ(味付け無し100g)・・・22kcal
  • 豆腐(100g)・・・72kcal
  • バナナ(100g)・・・86kcal
  • 鶏ササミ(100g)・・・105kcal
  • 玄米(100g)・・・165kcal
  • 鶏ムネ肉(100g)・・・191kcal


 ササミよりもはるかにカロリーが低いというのは驚きです。確かに栄養価自体にあまり期待は出来なくとも...その独特の食感・歯ごたえでお腹の満足感は十分、そのうえカロリーがものすごく低いというのは嬉しいですね。
 ダイエットをされている方の中には、お腹の満足感を「胃袋の満タン度」だと思われている方も多いようですが、そうではありません。「お腹がいっぱい」と感じるためには、食べ物をよく噛み、脳に「食べている」と思わせることが大切です。よく噛み飲み込むことで、通常よりも早く「お腹がいっぱい」だと感じるはずです。これはつまり、脳が「もう食べるな!」と指令を出しているからなんですね。何が言いたいのかというと、歯ごたえのあるものをよく噛んで食べることで、早くお腹がいっぱいになれるということです。そしてこれにうってつけなのがまさにこの「クラゲ」ではないでしょうか?







●原材料は何クラゲ?


【原材料は世間を騒がせたあの超巨大クラゲ!?】

 「中華クラゲ」と聞くと、キノコの一種「キクラゲ」と誤解される方も多いとは思いますが、スーパーなどで「中華クラゲ」として売りに出されている物は、正真正銘の海に棲むクラゲが原材料(エチゼンクラゲ・ビゼンクラゲ・ヒゼンクラゲ)となっています。その中でも特に有名なのはやはり、ニュースで一躍有名となったあの超巨大クラゲ「エチゼンクラゲ」ですね。今回はせっかくなので、「中華クラゲ」の原材料になっているクラゲ達を種類ごとに詳しくご紹介していきたいと思います。


↑重さ200kgにも達する世界最大級のクラゲ。


【エチゼンクラゲ】 鉢虫綱/根口クラゲ目/ビゼンクラゲ科
学名:Nemopilema nomurai
分布:東シナ海~日本海
傘径:約120cm
時期:夏~秋
 まさに世界最大級のクラゲで、成長すると重さ200kgにも達します。主に夏から秋にかけて対馬海峡を渡り、日本海側にやってきます。大量に押し寄せてきたエチゼンクラゲは日本の漁業に大きな被害をもたらしましたが、そんなエチゼンクラゲをなんとか有効活用できないかと様々な研究がなされ、多くの特産品が産まれたのもまた事実です。
 特に有名なのは、エチゼンクラゲから抽出されたたんぱく質の一種、「ムチン(後にクラウムチンと命名)」です。抗菌作用や保湿効果が期待できるこの「ムチン」は今、医療や化粧品などの幅広い分野で活躍しています。
 ちなみに、かなり強い刺胞毒を持っています。




ビゼンクラゲ
↑食用クラゲの中でも高級品とされているビゼンクラゲ。


【ビゼンクラゲ】 鉢虫綱/根口クラゲ目/ビゼンクラゲ科
学名:Rhopilema esculentum
分布:本州、九州沿岸
傘径:約50cm
時期:夏~秋
 大型の食用クラゲ(食用クラゲの中でも高級品)。有明海ではクラゲ漁も行われています。ビゼンクラゲはこれまで「スナイロクラゲ」とば別種であると考えられていましたが、近年「スナイロクラゲ」は「ビゼンクラゲ」にまとめられました。ちなみに名前の「ビゼン」とは、岡山県周辺の「備前地方」で採集されていたことに由来します。
※現在は「備前地方」では見られず、「肥前地方」で見られる。




ヒゼンクラゲ
↑有明海においては、「白クラゲ」と呼ばれている。


【ヒゼンクラゲ】 鉢虫綱/根口クラゲ目/ビゼンクラゲ科
学名:Rhopilema hispidum
分布:有明海以南
傘径:約60cm
時期:夏~秋
 クラゲ漁が行われている有明海では、ヒゼンクラゲのことを「白クラゲ(乳白色のため)」ビゼンクラゲのことを「赤クラゲ」と呼んでいます。ヒゼンクラゲはビゼンクラゲに比べ個体数は少ないとされていますが、東南アジアでは食用クラゲとして主に採集されています。刺胞毒は強めです。







●中華クラゲの作り方


【作り方は意外と簡単。ミズクラゲでも作れる!?】

 それではここからは、海で泳ぐクラゲがどのように加工され「食品」となっていくかをご説明していきます。加工方法は意外と簡単で、言うなれば「塩漬け」にするわけです。


 「塩漬け」をする理由は別に味付けをするという意味ではありません。先程も記述した通り、クラゲの体は95%以上が水分で出来ているため、普通に食べてもあの独特なコリッとした食感はうまれません。そのため、塩やミョウバンを使い脱水をするのです。浸透圧の関係で徐々に水分の抜けていったクラゲは非常に小さくなってしまいますが、凝固されたタンパク質のおかげで歯ごたえのあるあの食感がうまれるわけです。

  • ①クラゲの触手・付属器を除去する。
  • ②真水を使い洗浄する(ミズクラゲの場合、数日餌止めをし胃を空に)。
  • ③塩とミョウバンを6:1の割合で混ぜ合わせ、クラゲと一緒に2~3日漬け込む。
  • ④出てきた水分だけを捨て、更に1日程漬け込む。
  • ⑤水分が多すぎる場合は、再度④の工程を。


 かなり大雑把に書くとこのようになります。ちなみにこの過程は、以前私が「ミズクラゲ」を加工した際に行った方法です。このクラゲを実際に料理で使う際は、まずクラゲを真水でよく洗い、沸騰したお湯に入れ少し縮むまで湯通しをします。その後1~2時間程冷水に漬けておけば準備完了です。市販の塩クラゲのもどし方も、この方法と同様のやり方で行えます(湯通しが短すぎると磯臭さが残り、長すぎても食感が落ちてしまいますのでご注意を)。
 そしてこの水で戻したクラゲに味付けを行なったものが、市販されているあの「中華クラゲ」になります。そもそもクラゲ自体に味が付いていないため、このような料理が一般的になりましたが、単に醤油やポン酢を付けただけの刺身でも美味しく頂けます


【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】







●おすすめのクラゲレシピ


【低カロリーでダイエットにおすすめ!超簡単クラゲレシピ】

◆ササミときゅうりのクラゲサラダ

 低カロリー高タンパクで有名「ササミ」食感の良いきゅうりを使ったサラダです。梅肉やポン酢(orお酢)を入れることで、よりさっぱりと召し上がれます。歯ごたえ満点で腹持ちも良い、ダイエットにも最適な一品です。

<材料>

スポンサーリンク

プロフィール

Mr.CASSIO

Author:Mr.CASSIO
「どこよりも美しいクラゲ」を、自信をもってお送りさせて頂きます。
「家でクラゲを飼育してみたい!」という方、どうぞお気軽にご相談下さい。

ARCADIA STORE OPEN!