コリドラス・アエネウスの学名、飼育方法(餌・水温・混泳)、販売値段

 アクアショップでは通称「赤コリ」と呼ばれて販売されています。
 体色は赤茶色と地味な色ですが、底床をもごもごと独特の仕草で探るように泳ぐ姿は大変愛らしく人気です。
 古くから飼育されてきたため繁殖例も多く、現在流通している個体はほとんどがブリードものです。実際に飼育水槽にまとまった数の匹数を入れればペアになり卵を産む姿を見ることが出来ます。
 ショップでは底床の掃除屋としてアピールされている場合もありますが、よく餌を食べるので他の熱帯魚の残った餌程度の量では不足してしまうため、専用フードをあげるのが望ましいです。


赤コリ


ナマズ目/カリクティス科/コリドラス属



●コリドラス・アエネウスとは


【学名】

Corydoras aeneus

【分布】

ブラジル・コロンビア

【全長】

約6cm

【飼育難易度】

普通

【飼育水温】

22~28℃

【餌】

人工餌料、冷凍赤虫

【混泳】

大人しい熱帯魚となら混泳可能。

【販売値段】

3匹セット 750円

【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】


▼以下関連商品

【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】