【種類別クラゲ飼育総集編!】育て方から体の構造・生態解説、グッズ紹介まで

 こちらでは、自宅でも比較的育てやすい種類のクラゲについて、その飼育方法や飼育を始める上で必要となる基礎知識(分類・生態・体の仕組みや構造・毒性・給餌方法)について詳しく解説していきます。また本記事内では通販購入可能な、クラゲ飼育の必需品(機材・餌・生体・水槽)及びその販売価格などと共に、おすすめの飼育水槽セットや図鑑、最近話題となっているインテリア用人工クラゲ、クラゲ化粧品、クラゲに刺されない日焼け止めクリームなどのクラゲ関連商品も幅広くご紹介!記事後半には、クラゲに関する雑学、「クラゲ豆知識シリーズ」も展開中です。どうぞごゆっくりお楽しみください。
 「家でクラゲを飼いたいけどどうしたらいいかわからない!」、「クラゲって何種類いるの?寿命は?何を食べるの?」、「クラゲの生態や体の構造について知りたい!」という方、全てがここにあります。それでは、よいアクアライフを。


ロゴ(白バック用)

空前のクラゲブーム到来!?




<目次>※随時更新!!

●空前のクラゲブーム到来!?
●「クラゲ」って何?
●クラゲの種類・分類
●体の構造・仕組みについて
●クラゲの毒性について
●クラゲ図鑑(ミズクラゲ編)
●クラゲ図鑑(タコクラゲ編)
●クラゲ図鑑(サカサクラゲ編)
●クラゲ図鑑(アカクラゲ編)
●クラゲの給餌方法
●クラゲ豆知識シリーズ
●クラゲ関連商品
 ▶【クラゲを使った化粧品】
 ▶【クラゲに刺されない日焼け止め】
 ▶【中華クラゲ】
 ▶【人工クラゲのインテリア水槽】
 ▶【土壌改善!くらげチップ】
●クラゲ飼育セット
●おすすめのクラゲ図鑑






●空前のクラゲブーム到来!?


【クラゲ人気急上昇中!自宅でも飼育は可能!?】

 皆さんこんにちは、カシオです!突然ですが、皆さんはご自宅に「水槽」を置かれていますか?「手間も時間もかかるし面倒だ」と思われている方!…まぁ確かにその通りなのですが(笑)。しかし、メリットもありますよ。可愛いしオシャレだし、とても癒されます。そしてなにより、自分の立ち上げた水槽に好きな魚を入れた時のあの感動。一度は味わって頂きたいものです



 その中でも私カシオが特にオススメしたいものこそが、「クラゲ」です。「空前のクラゲブーム到来!」と囁かれている今、クラゲの癒し効果が注目されるようになってきました。「人工クラゲを使ったアクアリウム水槽」「クラゲのヒーリングCD」なども続々発売され、遂にはクラゲの成分を配合した「化粧品」まで!その活躍の場は海をも離れ、私たちのすぐ近くに来ています。また近年、クラゲの展示に力を入れた水族館も目立つようになり、その影響からか、「自宅でもクラゲを飼育したい!」と思う方も増えてきているそうです。水族館や海に行かないと見ることのできないクラゲ達を卓上でも楽しむことが出来れば...。



自宅でもこんな水槽が作れる…!?


 しかし正直なところ、「クラゲ」の飼育というのは、一般的に広く出回っているな海水魚や淡水魚の飼育に比べ、かなり難易度が高くなります。ショップでの取り扱いが少ないのも、「高難易度・高コスト」が原因だと思われます。確かに手間はかかる...それは間違いありません。しかし不可能ではありません少しのコツと愛情さえあれば、間違いなく「飼育できる生物」です。
 そこでこちらでは、「飼育しやすい種類のクラゲ」について詳しく記していきます。知名度のナンバーワンの「ミズクラゲ」や毒々しい「アカクラゲ」。一見イソギンチャクの様にも見える「サカサクラゲ」や、泳ぎ方もシルエットも可愛らしい「タコクラゲ」など、意外にも多くの種類のクラゲが、自宅で飼育することは可能です。



目次に戻る





●「クラゲ」って何?


【クラゲはプランクトン!】

 クラゲはプランクトンの仲間になります。「プランクトン」と聞くと、多くの方は恐らく「眼に見えないほど微細な生物のことでは?」と思われることでしょう。しかしそれは大きな間違いです。プランクトンの定義はその大きさではなく「遊泳能力があるかどうか(あっても弱いか)」というものなのです。逆に遊泳能力が備わった生物の事は「ネクトン」と呼ばれます。ただこの「プランクトン」と「ネクトン」の区別はかなり曖昧なものです。というのも、小さい頃はあまり泳げなかったためプランクトンとされていたものが、成長すると共に遊泳力を得てネクトンになるという場合も多いためです。
 一方、浮遊も遊泳もしない底生生物のことは「ベントス」と呼ばれます。クラゲの幼生期は「ポリプ」と呼ばれるイソギンチャクのような容姿のベントスですが、成長すると浮遊生物「クラゲ(プランクトン)」になります。しかし、彼らの仲間であるサンゴやイソギンチャクは生涯「ポリプ」のままでクラゲになることはありません。つまり、完全なベントスなのです。





目次に戻る





●クラゲの種類・分類


【クラゲが何種類いるか、実は分かっていない!?】

 「クラゲは何種類いるの?」クラゲに関する様々な質問の中でも、この問いは特別難しいものです。何故ならば、この地球上に今何種類のクラゲがいるのか誰にも分らないからです。様々な海域、水域に生息する彼らを100%把握するというのは不可能だという理由が大きいでしょうが、他にもいくつかの理由があります。それは、「果たしてこれをクラゲと呼んでいいのか...?」という生物が多いためです。そう、クラゲという生物、実はあまりよくわかっていないのです。



 約6億年前から地球上にいるということは解明されていますが、そもそも化石として非常に残り辛い彼ら(水分多いし骨はない!)を調べるのは至難の業です。この頃地球にいたクラゲは「ヒドロクラゲ類」と分類され、クラゲの中で最も原始的な形のものだと言われています。そしてこのヒドロクラゲ類は今でもこの地球上に多数存在し、研究家たちの頭を悩ませてきました。彼らは長きに渡る進化の過程の中で、「クラゲ」という形になった時期もあればそうでない時期もあり、「クラゲ」としてカウントして良いものかどうか難しいのです。この「ヒドロクラゲ類」は確かに他の類のクラゲに比べ体の構造こそ原始的ではありますが、クラゲの中でも例外的な面白い特色を持つものが多く確認されています。一時期世間を騒がせた不老不死のクラゲ、「ベニクラゲ」もその一つです。




【クラゲの分類表ー刺胞動物門ー】

◆ヒドロ虫綱

花クラゲ目
オオウミヒドラ科(例:オオウミヒドラ)
クダウミヒドラ科(例:ソトエリクラゲ)
  • ハシゴクラゲ科(例:ハシゴクラゲ)
  • タマウミヒドラ科(例:ニホンサルシア)
  • エダアシクラゲ科(例:エダアシクラゲ
  • オオタマウミヒドラ科(例:オオタマウミヒドラ)
  • ジュズノテウミヒドラ科(例:ジュズノテウミヒドラ)
  • スズフリクラゲ科(例:スズフリクラゲ)
  • フチコブクラゲ科(例:フチコブクラゲ)
  • ベニクラゲモドキ科(例:ベニクラゲ
  • エダクラゲ科(例:ドフラインクラゲ
  • シミコクラゲ科(例:シミコクラゲ)
  • エボシクラゲ科(例:エボシクラゲ
  • タマクラゲ科(例:タマクラゲ)
  • ウミヒドラ科(例:サカナウミヒドラ)
  • ウミエラヒドラ科
  • スグリクラゲ科(例:クズダマクラゲ)
  • キタカミクラゲ科(例:カミクラゲ
  • モエリシア科(例:ヒルムシロヒドラ)
  • ギンカクラゲ科(例:カツオノカンムリ
  • 軟クラゲ目
  • ホソガヤ科(例:クラゲホソガヤ)
  • ウミサカズキガヤ科(例:ヒメウミコップ)
  • サガミクラゲ科(例:サガミクラゲ)
  • キセルガヤ科(例:ブロックコップガヤ)
  • オワンクラゲ科(例:オワンクラゲ
  • マツバクラゲ科(例:ギヤマンクラゲ)
  • コモチクラゲ科(例:コモチクラゲ)
  • Lovenellidae(例:シワヒメコップ)
  • マキヒゲクラゲ科(例:マキヒゲクラゲ)
  • ヒトエクラゲ科(例:ヒトエクラゲ)
  • Sugiuridae(例:ヤクチクラゲ)
  • ハナクラゲモドキ科(例:ハナクラゲモドキ)
  • ヤワラクラゲ科(例:ヤワラクラゲ)
  • クロメクラゲ科(例:クロメクラゲ)
  • 淡水クラゲ目
  • エダアシクラゲ科(例:エダクダクラゲ)
  • ハナガサクラゲ科(例:マミズクラゲ
  • レンズクラゲ目
  • レンズクラゲ科(例:カントンクラゲ)
  • 硬クラゲ目
  • ボウシクラゲ科(例:ボウシクラゲ)
  • テングクラゲ科(例:テングクラゲ)
  • イチメガサクラゲ科(例:ニジクラゲ)
  • オオカラカサクラゲ科(例:カラカサクラゲ
  • 剛クラゲ目
  • ツヅミクラゲ科(例:ヤジロベエクラゲ)
  • ニチリンクラゲ科(例:ニチリンクラゲ)
  • 管クラゲ目
    (鐘泳亜目)
  • ハコクラゲ科(例:ハコクラゲ)
  • フタツクラゲ科(例:フタツクラゲ)
  • バテイクラゲ科(例:バテイクラゲ)
  • アイオイクラゲ科(例:アイオイクラゲ)
  • (嚢泳亜目)
  • カツオノエボシ科(例:カツオノエボシ
  • ボウズニラ科(例:ボウズニラ)
  • (胞泳亜目)
  • ヨウラククラゲ科(例:ヨウラククラゲ)
  • ノキシノブクラゲ科(例:ノキシノブクラゲ)
  • バレンクラゲ科(例:バレンクラゲ)
  • ヒノマルクラゲ科(例:ヒノマルクラゲ)


  • ◆鉢虫綱

    冠クラゲ目
  • ヒラタカンムリクラゲ科(例:ヒラタカンムリクラゲ)
  • エフィラクラゲ科(例:エフィラクラゲ)
  • クロカンムリクラゲ科(例:クロカンムリクラゲ)
  • 旗口クラゲ目
  • ユウレイクラゲ科(例:ユウレイクラゲ)
  • オキクラゲ科(例:アカクラゲ
  • ミズクラゲ科(例:ミズクラゲ
  • サムクラゲ科(例:サムクラゲ
  • 根口クラゲ目
  • サカサクラゲ科(例:サカサクラゲ
  • イボクラゲ科(例:イボクラゲ)
  • タコクラゲ科(例:タコクラゲ
  • ビゼンクラゲ科(例:エチゼンクラゲ)
  • 羽クラゲ目
  • プラヌラクラゲ


  • ◆十文字クラゲ綱

    十文字クラゲ目
  • アサガオクラゲ科(例:ムシクラゲ)
  • ナガアサガオクラゲ科
  • ジュウモンジクラゲ科(例:ジュウモンジクラゲ)




  • 【クラゲの分類表ー有櫛動物門ー】

    ◆有触手綱

    オビクラゲ目
  • オビクラゲ科(例:オビクラゲ
  • フウセンクラゲ目
  • フウセンクラゲモドキ科(例:フウセンクラゲモドキ)
  • ヘンゲクラゲ科(例:ヘンゲクラゲ)
  • トガリテマリクラゲ科
  • テマリクラゲ科(例:フウセンクラゲ)
  • カブトクラゲ目
  • カブトクラゲ科(例:カブトクラゲ
  • アカカブトクラゲ科(例:アカカブトクラゲ)
  • アカダマクラゲ科(例:アカダマクラゲ)
  • キヨヒメクラゲ科(例:キヨヒメクラゲ)
  • ツノクラゲ科(例:ツノクラゲ)
  • チョウクラゲ科(例:チョウクラゲ
  • チョウクラゲモドキ科(例:チョウクラゲモドキ)
  • クシヒラムシ目
  • コトクラゲ科(例:コトクラゲ)


  • ◆無触手綱

    ウリクラゲ目
  • ウリクラゲ科(例:ウリクラゲ、アミガサクラゲ)



  • 目次に戻る





    ●体の構造・仕組みについて


    【目も心臓も口も胃もある!おまけに呼吸は体全体で!?】

     クラゲの体はそのほとんどが水分。そのため中身は透けて丸見え状態になっています。しかし、臓器らしい器官があまり見当たらないとは思いませんか?恐らく皆さんの中には、「そもそもクラゲに臓器なんてあるの?」と思われている方も少なくないかもしれません。ですがそれは大きな誤解です。クラゲにも目がありますし、口も、心臓も、胃もちゃんとあります。もちろん呼吸だってしていますし、味覚もあります。
     ですが、我々の思うような形の臓器ではありません。では一体どこに、どんな形で存在しているのか…。こちらでは、そんな神秘に満ちたクラゲの体について詳しく解説していきます。



    Coming Soon!!



    目次に戻る





    ●クラゲの毒について


    【クラゲは刺したくて刺しているわけではなかった!?】

     ご存知の通り、クラゲと呼ばれる生き物はそのほとんどが毒を持っています。それは彼らが外敵から身を守るためや餌を捕まえる時には便利かもしれませんが、私たちにとってはかなり危険なものです。海水浴シーズンには必ずと言っていいほどクラゲによる被害を耳にしますね。しかし、クラゲは別に私たち人間を刺したくて刺しているわけではないのです



     クラゲの触手には、「刺胞(しほう)」と呼ばれる毒針が入ったカプセルが無数にあります。このカプセルの入り口にはセンサーのように働く突起があり、ここに何かが触れた時初めてカプセルが開き、毒針が発射されるのです。つまりこの動きは「反射」。そう、クラゲは別に人を刺そうと思って刺しているわけではなく、偶然にも触手に触れてしまったために反射的に刺してしまっただけなのです。
     また近年、このクラゲの毒が着目されるようにもなってきました。科学の進歩により、今まで困難だったクラゲの毒が抽出・分離できるようになったのです。その結果、全く新しい種類のタンパク質が発見されました。クラゲにはまだまだ無限の可能性が秘められているようですね。


    目次に戻る





    ●クラゲ図鑑(ミズクラゲ編)


    【知名度ナンバーワン!大人気ミズクラゲ】



    【ミズクラゲ】
    鉢虫綱/旗口クラゲ目/ミズクラゲ科
    学名:Aurelia aurita
    分布:日本沿岸各地
    時期:4~8月(地域によっては年中)
    傘径:約30cm
    飼育水温:室温(低水温での飼育がオススメ!)

     日本で一番ポピュラーなくらげといえばそう、「ミズクラゲ」でしょう。夏場海に行けば必ずと言っていいほど見かけ、水族館でも通年飼育している施設は多々あります。しかし、そんなミズクラゲの事を皆さんはどれほど理解していますか?「口はどこ?心臓はあるの?化粧品になるって本当?」こちらでは、そんな彼らの不可思議なお話しをしていきます。

    ミズクラゲ編Part 1(その魅力と生活史)
    ミズクラゲ編Part2(体の構造と生態について)
    ミズクラゲ編Part3(ミズクラゲの毒性と、正しい対処法について)
    ミズクラゲ編Part4(大量発生による被害と、クラゲの有効活用)


    目次に戻る





    ●クラゲ図鑑(タコクラゲ編)


    【その可愛らしいシルエットや泳ぎ方は癒し効果抜群!】



    【タコクラゲ】
    鉢虫綱/根口クラゲ目/タコクラゲ科
    学名:Mastigias papua
    分布:関東以南
    時期:夏~秋
    傘径:約20cm
    飼育水温:25℃前後

     キノコのようなシルエット、可愛らしい水玉模様、せわしなく泳ぎ回る姿…まさに”癒し”。そんな癒し効果抜群のクラゲ「タコクラゲ」のご紹介をしていきます。「まるで植物のように光合成をする?可愛らしい水玉模様に秘められた重要な役割とは?」彼らを知れば知るほど、その虜になること間違いなしです。

    タコクラゲ編Part1(魅力と生態について)
    タコクラゲ編Part2(水玉模様の秘密と、塩水湖に棲むタコクラゲについて)



    目次に戻る





    ●クラゲ図鑑(サカサクラゲ編)


    【水流はいらない!?レイアウト水槽にもオススメ!】



    【サカサクラゲ】
    鉢虫綱/根口クラゲ目/サカサクラゲ科
    学名:Cassiopea ornata
    分布:鹿児島以南の浅い海
    時期:夏~秋
    傘径:約20cm 飼育水温:25℃前後

     名前の通り、逆さまなクラゲ。クラゲのくせにほとんど泳がず、底やガラス面にくっついてじっとしていますが、それこそ彼らの魅力かもしれません。そう、クラゲ飼育の一番の難題と言われる「水流」が、彼らには必要ないのです。結果、他のクラゲ水槽では実現困難であった「レイアウト」が可能になります。
     一見イソギンチャクの様に見える彼らも、正真正銘のクラゲです。

    サカサクラゲ編Part1(魅力と生態について)



    目次に戻る





    ●クラゲ図鑑(アカクラゲ編)


    【美しいものには棘がある!?毒々しさも魅力!】



    【アカクラゲ】
    鉢虫綱/旗口クラゲ目/オキクラゲ科
    学名:Chrysaora pacifica
    分布:日本沿岸各地
    時期:関東以南(4~5月)、東北(7~9月)
    傘径:約30cm
    飼育水温:室温

     「美しいものには棘がある」それはまさしくこの「アカクラゲ」を言い表す言葉なのかもしれません。長い触手、毒々しい色、初めて見る人でもすぐに毒を持つ生物だと分かります。これまでご紹介してきたクラゲとは比べ物にならないその毒性。彼らを扱う上では細心の注意を払う必要があります。

    アカクラゲ編Part1(魅力と生態について)
    アカクラゲ編Part2(模様の謎と別名について)



    目次に戻る





    ●クラゲの給餌方法


    【種類は?頻度は?餌やりの方法を動画で解説!】

     クラゲを飼育していく上で重要な「給餌(餌やり)」について、与える頻度や餌の種類、給餌方法など詳しく解説していきます。綺麗なクラゲを状態良く保つためには、水温や水質だけでなく、与える餌もかなり重要になってきます。クラゲも魚も人間も同じく、栄養のバランスを考えるのはとても重要なことです。



    【クラゲの餌やり】給餌方法や餌の種類について



    目次に戻る





    ●クラゲ豆知識シリーズ


    【クラゲに関する面白雑学シリーズ!!】

     「夏以外ではどこにいるの?」「刺さないクラゲがいるって本当?」「世界一毒の強いクラゲは?」などといった、クラゲに関する面白雑学をご紹介していきます。現在の技術をもってなお、まだまだ不明な点の多い生物、「クラゲ」。日々その研究は進められており、私たちの度肝を抜くような研究結果が度々報告されています。
     知れば知る程クラゲが好きになる!?神秘なるクラゲの世界へようこそ。



    【クラゲ豆知識①】夏以外はどこにいるの?秋や冬に見られるクラゲって?
    【クラゲ豆知識②】刺さないクラゲと刺すクラゲ



    目次に戻る





    ●クラゲ関連商品


    【クラゲを食べる!混ぜる!肌に塗る!?】

     クラゲの活躍は今海をも離れ、私たちの身の回りにまで来ていることをご存知でしたか?こちらでは、長年のクラゲ研究により生み出された「クラゲ商品」について詳しくご紹介していきます。
     「クラゲに刺されない日焼け止め!?」「クラゲを使用した化粧品!?」「植物を育てる土・肥料に!?」続々更新していきます。お楽しみに!





    目次に戻る





    【クラゲを使った化粧品】

     近年クラゲの研究が進み多くの、多くの分野で活躍する場面を目にします。そんな中でも一番のおすすめはやはりこの、クラゲ化粧品たちです!
     見てわかる通り、クラゲの体はそのほとんどが水分で構成されています。もうぷるっぷる。皮肉な事にも、これは彼らが死んだ時によく分かります。クラゲは死ぬとすぐに溶けてしまい、後には何も残りません。そう、ほぼ水分ですからね。しかし不思議に思いませんか?「ほとんど水分なのになぜあの形を維持できているのか」と。そう、その答えは彼らの持つタンパク質にあったのです。
     彼らの持つタンパク質(コラーゲン)には、凄まじい保水力があります。こちらの商品達は、そんなクラゲの持つコラーゲンを配合することにより生まれたものなのです。また最近、再生医療学会にて「クラゲコラーゲンの皮膚再生促進効果」が発表されたそうです。クラゲコラーゲン...さらなる今後の研究に期待しましょう。



    【クラゲ化粧品】クラゲ由来のコラーゲンでぷるぷる素肌に!?



    目次に戻る





    【クラゲに刺されない日焼け止め】

     夏といえば海水浴!しかし心配なのはやはりクラゲによる被害ですね。実際に刺され痛い思いを経験した方も少なくはないはずです。そんな時に活躍してくれるのがこちらの「SAFE SEA」!ばっちりクラゲを防止しながらも日焼け止めまでしてくれる、まさに夢のような商品です。「家族で安全に海水浴を楽しみたい!」、「思う存分サーフィンをしたい!」等々海に入る理由は人それぞれでしょうが、是非この「SAFE SEA」を肌にさっと塗ってから、楽しくて安全に夏の海を楽しみましょう。



    【SAFE SEA】99.9%クラゲに刺されない不思議な日焼け止め!?



    目次に戻る





    【中華クラゲ】

     100gあたりたったの22kcal(味付けなし)しかないクラゲは、ダイエット食として今注目されています。また注目すべきはそのカロリーだけではありません。
     実を言うと、人間の満腹中枢を刺激するのは「胃袋」ではなく「脳」にあたります。一般的には、「胃袋に沢山食べ物を入れることでお腹は一杯になる」と思われがちですがそうではありません。大切なのは、「食べ物を噛むこと」なのです。噛むことにより脳に刺激が送られ、満腹感が得られるというわけなんですね。そこで登場するのがこの「クラゲ」です!クラゲは歯ごたえ満点なうえ低カロリー。おまけに体のむくみ改善や便秘解消などの効果があります。ただいくら美味しいからと言って、濃い味付けのものを大量に摂取すればもちろんダイエットにはなりません。ご注意を。



    【中華クラゲでダイエット!?】気になるその栄養やカロリー、作り方まで



    目次に戻る





    【人工クラゲのインテリア水槽】

     「クラゲは飼いたいけど世話が大変そう」、「癒しがほしい。でも世話する時間は無い...」、「海水は塩が付くからいや!」という方にはこちらの、「人工クラゲ」がおすすめです!電池またはコンセントに繋ぐだけでゆらゆらと泳ぐクラゲを簡単に楽しむことが出来ます。餌やり不要、水換え不要、おまけに真水で飼える!バリエーションも金額も多種多様で、お望みにあったものがきっと見つかるかと思います。机の上に小さな水族館はいかが?



    【人工クラゲのインテリアアクアリウム】餌やりも水換えも不要!



    目次に戻る





    【土壌改善!くらげチップ】

     (株)マルトモと愛媛大学の共同研究により生み出された究極の天然土壌改良財、「くらげチップ」。その最大の特徴はずばり、「保水力」です。
     クラゲの体は約95%が水分。しかし彼らは、そんな多量の水分を体のわずか数%のタンパク質(コラーゲン等)で保っています。これはものすごい保水力!それを利用したのがこの「くらけチップ」なんです。ただ優れているのは保水力だけではありません。植物の成育に重要な養分も含んでいます。おまけに、土に埋めると約一年で生分解されるというのだから驚きです。将来的には砂漠の緑化計画にも貢献出来るように、日々研究を重ねているそうです。



    【くらげチップ】保水力抜群で環境にも優しく、栄養分も豊富な究極の土壌改良材。



    目次に戻る





    ●クラゲ飼育セット


    【おすすめ飼育水槽から生体販売紹介まで】

     クラゲの人気は近年急上昇しており、様々なメーカーから「クラゲ飼育水槽」が販売されるようになってきました。中には、「クラゲ用飼育水」や、「クラゲ専用の餌」を売り出すところまで。嬉しい限りです。そこでこちらでは、クラゲ飼育に必要な水槽・機材などをご紹介していきます。水槽もピンキリなので、ご自身の予算や好みに合ったものが見つかると思いますよ。また記事後半には、生体を販売しているページも載せています。ただし、多くのショップではほとんど「季節物」として扱われているため、時期によってはずっと売り切れの続いているところもあります。ご了承下さい。



    【通販購入できるクラゲの種類】ネット販売価格や飼育水槽セット紹介など。



    目次に戻る





    ●おすすめのクラゲ図鑑


    【個人的におすすめしたいベスト5を一挙ご紹介!】

     こちらでは、私カシオが厳選したクラゲ図鑑のベスト5をご紹介いたします。
     生物を飼育するにあたりまず初めに行わなければならないのは、「情報収集」ですね。情報収集...といえばやはり、「本」でしょう!その分野のエキスパート方が残してくれた知識は、必ずあなたの力になってくれるはずです。
     しかし現在、市場には数えきれないほど多くのクラゲに関する文献が存在しています。「多くの種類を紹介しているもの」や、「種類数は少なくともクラゲをより深くまで追求し、解説してくれているもの」、はたまた「初心者向けに分かり易く解説してくれているもの」まで、それぞれの本にそれぞれの特徴・特色があります。これだけ沢山あると悩むところです...。
     そんな方々のために、こちらでは私カシオが厳選したおすすめのクラゲ図鑑を紹介していきたいと思います。独断と偏見で選んだ5作品!賛否両論あるとは思いますが、少なくとも私はこれらの本に何度も助けられてきました。自信をもってご紹介させて頂きます。



    【おすすめクラゲ図鑑】これさえあれば間違いなし!?ベスト5をご紹介



    目次に戻る





    【おすすめクラゲ図鑑】これさえあれば間違いなし!?ベスト5をご紹介

     生き物を飼育する上で大切なことは、「その生物についての知見を深めること」だと考えています。そこで今回は、これからクラゲの飼育を始めたいという方におすすめな、「クラゲの図鑑」をご紹介させて頂きます!あくまで個人的なおすすめベスト5のご紹介であるため、もしかするともっと良い本があるかもしれません...。しかし、私は現にこれらの本のおかげで何度も助けられました。自信を持ってご紹介致します。



    おすすめクラゲ図鑑ベスト5をご紹介!




    ●はじめに


    【大切なのは経験。その入り口こそが本である!】

     しかしその前に一つ注意点を。本に書いてあることはあくまで「他者が経験して得た知識」であり、それをどう受け止めるのかはあなた次第です。別に本が嘘を載せているという訳ではありませんよ。ただ私が言いたいのは、「本で得た情報だけで形成された知識は、本物の知識ではないのではないか」...ということ。先程も記述しましたが、本はあくまで他者が経験して得た情報です。参考にするのは大いに良いことだと思いますが、それだけが正しいと思い込み頭でっかちになってしまうのはとても危険です。「本でこう書いてあったからそうなんだ!」と思うのではなく、その情報を自分なりに試し、失敗(もちろん成功も!)して、初めて「己の知識」となるのではないでしょうか?
     大切なのは「経験」です。そのためにも、その入り口となる情報の収集は必要不可欠!是非自分なりの知識を築いていって下さい。






    ●おすすめのクラゲ図鑑ベスト5!


    【第5位 最新クラゲ図鑑~110種のクラゲの不思議な生態~】

     第5位は、2013年に誠文堂新光社より出版された「最新クラゲ図鑑~110種のクラゲの不思議な生態~」です。
     本自体はそこまで厚くないですが、その紹介しているクラゲの種類数はなかなかのものです。またそれぞれに「分布」や「見られる時期」、「大きさ(傘径)」などが丁寧に記されており、かなり助けられています。ただ少し書き方がお堅いため、ややとっつきにくいと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。それでも、クラゲの体の部位説明など役に立つ情報は非常に豊富!持っておいて損はありませんよ。

    【Amazonで比較する】




    【第4位 クラゲ~その魅力と飼い方~】

     第4位は、2001年に誠文堂新光社より出版された「クラゲ~その魅力と飼い方~」です。
     江ノ島水族館が監修を務めたそうですよ。記載されている種類数こそ上記の「最新クラゲ図鑑」には及びませんが...初めての方にも分かり易い内容で、まさに入門編としてうってつけでしょう。ただ注意点として、こちらはやや古い図鑑となるため、分類などが今と少し違っている場合があります(十文字クラゲ綱がまだ十文字クラゲ目として鉢虫綱に入っていました)。クラゲは未だに新種が続々と発見されており、まだまだよく分かっていない点が多いため、これは仕方がないですね。

    ※少し古い図鑑のため、在庫がなかなかないようです。下の写真は私が以前購入したものとなります。申し訳ありません。Amazonにはまだあるようですね。

    その魅力と飼い方
    【Amazonで比較する】





    【第3位 クラゲガイドブック】

     第3位は、2000年にTbsブリタニカより出版された「クラゲガイドブック」です。
     私が学生時代に初めて手にしたクラゲ図鑑です。いや懐かしい。ともあれそれが理由で3位にしたわけではありませんよ(笑)。写真も綺麗で情報量も豊富...これを手にしてよく海にクラゲ採集へと出かけていたものです。これまた少し古い図鑑であるため、分類や学名の表記が現在と異なる場合があります。しかし、クラゲ飼育(図鑑)の入門用としてはあの当時、非常に役立ってくれました。自信をもっておすすめ致します。

    【Amazonで比較する】





    【第2位 クラゲのふしぎ】

     第2位は、2006年に技術評論社より出版された「クラゲのふしぎ」です。
     これは今までご紹介してきたクラゲ図鑑とは少し違った本になります。図鑑…と言うよりも文庫に近いですね。種類ごとにクラゲを紹介していくのではなく、クラゲという1つの「生物」を詳しく解説しています。体の構造や仕組みについてはもちろんのこと、その動きや行動に隠された意味に至るまで幅広く、なおかつ詳しく説明されています。神秘的なクラゲにまつわる不思議なお話が盛り沢山!まさにクラゲの雑学書とも言える一品です。

    ※少し古い図鑑のため、在庫がなかなかないようです。下の写真は私が以前購入したものとなります。申し訳ありません。Amazonにはまだあるようですね。

    クラゲのふしぎ
    【Amazonで比較する】





    【第1位 日本クラゲ大図鑑】

     栄えある第1位は、2015年に平凡社より出版された「日本クラゲ大図鑑」です。
     2015年と比較的最近出版された本であるため、情報はまず間違いありません。そして驚くべきはその情報量!(本自体が大きいため当たり前かもしれませんが)。非常に沢山の種類が紹介されています。写真も非常に鮮明で美しく、パラパラとめくるだけでも楽しめそうな一品ですね。値段はこれまでに紹介してきたものより遥かに高価ですが...それでも一冊持っておいて損はありません。

    【Amazonで比較する】





     いかがでしたでしょうか?私カシオが個人的におすすめしたい5冊をご紹介させて頂きました。種類数が多いものであったり初心者にもわかりやすいように解説されているものだったり、それぞれに個性がありますね。しかし記事冒頭にも記述した通り、本に記載されている情報はあくまで「他者が経験して得た知識」です。情報を丸々鵜呑みにするのではなく、自分なりに考え、時には再現し、経験を経ることで初めてその人の知識となります。あくまでも私の考えですけどね。それではまた!カシオでした。





    【くるくると回るクラゲ水槽】今話題の激安水槽!その性能はいかに

     カミハタより発売されているクラゲ水槽、「くるくるクラゲ水槽」について、商品の特徴や構造などの解説をしつつ詳しくレビューしていきます!現在様々なメーカーから「クラゲ専用水槽」が出ていますが、恐らくその中でも一番の激安商品!私個人、そのあまりの安さに不安を感じ今まで手にすることがありませんでしたが...(笑)。今回、勇気を出して購入してみました。実際にJelly fish farm ARCADIAで生産した「ミズクラゲ」を投入し、本当に安定した飼育が出来るのかどうか試してみたいと思います
     またこの「カミハタ」からは他にもクラゲ飼育関連商品がいくつか出ているそうなので、そのラインナップについても記事後半にご紹介していきます。そしてそれと同時に、「セット内容以外」で別途購入する必要があるもの・購入したほうが良いものについても詳しく記していきますので最後までお見逃しなく。

    くるくるクラゲ水槽①

    話題の超激安クラゲ水槽。気になるその性能は?




    <目次>

    ●水槽の特徴・構造
    ●動画でより詳しくご紹介
    ●個人的商品レビュー
    ●カミハタのクラゲ商品ラインナップ
    ●別途購入品(必需品)
    ●別途購入品(おすすめ品)





    ●本水槽の特徴・構造


    【セット内容について】

     本商品の最大の特徴はやはりその安さ!通常クラゲ水槽はその特殊な構造のため高額になってしまうものが多いのですが、なんとこちらは3.000円以内で購入できてしまいます!うーん...喜ぶべきか怪しむべきか。まぁ有名メーカーなのでそこまでひどいものは出さないと思うのですが、それにしても安すぎますね。
     それでは気になるセット内容を見ていきましょう。

    <サイズ>
    幅、奥行き、高さ
    168×170×180(mm)


    <容量・重量>
    約4リットル・約550g


    <セット内容>
    • 水槽本体
    • 水槽フタ
    • 特殊フレーム(組み立て式)
    • エアーチューブ
    • 通気量調整バルブ
    • 逆流防止弁
    • 海水の素
    • ブラインカップ(孵化器)
    • ブラインカップ固定フック
    • スポイト
    ※エアポンプは付属していません。


     水槽本体はもちろんのこと、海水の素逆流防止弁、またエアーチューブまでセットになっているという親切設定。水流を回すために必要なエアーポンプやクラゲ(生体)、餌などは別途購入する必要があります。それでもこれだけ入ってこの値段というのは嬉しいですね。それでは実際に組み立てていきます。




    【強度がやや心配。水槽の構造について】

     水槽本体はプラスチック製、そして水槽内部にセットする特殊フレームは柔らかい樹脂製になっていました。なるほどだからべっこべこ(笑)。このフレーム、下手に折り曲げを繰り返すと折れてしまいそうですね...ここも最初から固いプラスチック製だと物凄くうれしいのですが、恐らくこれも低価格を生み出すための要素の一つなんでしょう。文句は言わず黙って組み立てることにします。

    くるくるクラゲ水槽②


     水流を作り出すのはエアーポンプ(別売り)です。組み立てたフレームの右端に小さな穴が開いていましたが、これはエアーを出すためのものですね。ただ少し気になるのが...エアーの出る箇所から水面までの距離が近いため、「エアーをかなり強く出さないと、クラゲが回る程の水流が出来ない」ということでしょうか。

    くるくるクラゲ水槽⑥
    ↑エアーをかなり出しても水流は弱い。


     そして忘れてはならないのが、付属の「ブラインカップ」なるものです。これはクラゲに餌として与えることの多い「ブラインシュリンプ」の卵を孵化させるための容器だそうです。このブラインシュリンプの卵は海水に24時間程いれておくと孵化します。まあ確かにわざわざブラインシュリンプのために別容器を用意するよりも、このブラインカップを水槽に浮かべておけば楽ですし、産まれたブラインをスポイトで吸ってすぐにクラゲに与えることが出来るし...というのもわかりますが...個人的には全く不要ですね(笑)

    くるくるクラゲ水槽⑦
    ↑カップ内の水は水槽の水位(水面)と同じくらいに。


     そもそもこのブラインシュリンプ、孵化率を上げるためにはそれなりの温度が必要です。水温25℃を下回ってくると少し危ういですね。そこで考えてみて下さい。この「くるくるクラゲ水槽」の後ろ半分はヒーターを入れることが出来るスペースがあり、「セット内容以外に必要なもの」の中にも「ヒーター」と書かれています。水温が15℃以下になったら入れて下さいと。確かにヒーターを入れ飼育水温を上げれば、必然的にそこに浮かべてある「ブラインカップ」の水も温められ孵化率はあがると思いますよ?
     しかし!このメーカーからも推奨されている「ミズクラゲ」の飼育に関しては言わせみれば、「ミズクラゲの飼育にヒーターは不要」です。これについては以前にも別記事で少し触れましたが、低水温での飼育には様々なメリットがあります。クラゲが感じる「時間」がゆっくりとなり、より長期間の飼育も可能に!?是非ヒーターは入れずに飼育してみて下さい。

    ▼関連記事
    【クラゲ豆知識①】夏以外はどこにいるの?秋や冬に見られるクラゲって?



    目次に戻る





    ●動画でより詳しくご紹介


    【ARCADIA自慢のミズクラゲで検証!】






    目次に戻る





    ●個人的商品レビュー


    【値段の割には良い!でも...】

     確かにフレームはベコベコで少し安っぽいイメージでしたが...組み立てると案外様になります(笑)。エアーの量もきちんと調整すればクラゲはちゃんと回ってくれているようです。一般的に高価なものが多い「クラゲ水槽」ですが、これはかなり得した気分になりますね。が!!いくつかの問題点も浮上してきました。主なものを挙げるとしたら...

    水槽自体がかなり小さいので、生体の大きさに注意すべき。
    溜め水のため、水質悪化に注意。

     この二つが大きいですね。まず一つ目ですが...なにせ水槽が小さい!かなり小さなサイズのクラゲしか入りません。いや、多少大きくても入るは入るのですが、エアーを強くしても水流が足りません(笑)。クラゲ達はうまく回れずに底に沈殿してしまうと、すぐに形が歪になってしまいます。ということで、ある程度小さな個体しか入れることは出来ませんね。傘径5cmを超えると...少し厳しいような気がします。ただ動画内でも述べたように、エアー噴出口の位置を水槽下部にずらすことで、気泡が水とより長時間触れるようになり、水流はもっと強くなります。噴出口を広げ気泡を大きくすればより効果的です。こうすれば、ある程度成長したクラゲを回すことも可能になるかと思います。
     そしてもう一つの問題は、濾過槽が付いていないということです。このままではただの溜め水ですので、かなり頻繁な水替えが必要になります(特に高水温の場合だと)。しかしこれについては、やりようによって解決することが出来ますね。「ブラインカップ」をセットするいい感じのスペースを利用し、「外掛け式の濾過槽」を設置することが可能です。これだけでも大分換水の手間は減ると思いますよ。
     なにがともあれこのくるくるクラゲ水槽は...いい意味で!「のりしろが多い水槽」といえますね。色々と改造してみたくなります。もちろんクラゲ飼育初心者の方にもおすすめですが、長期飼育を目指したいというのであれば、先ほど記述したように「濾過槽」を設置したり、成長したクラゲを移すために少し大きめの水槽を用意するなど、若干の手間は必要になります。

    くるくるクラゲ水槽⑨



    目次に戻る





    ●カミハタのクラゲ商品ラインナップ


    【くるくるクラゲ水槽】

     超低価格のクラゲ水槽。濾過槽やエアーポンプなどは付属していませんが、水槽自体はなかなかの完成度です。ただし内部の特殊フレームが少し軟弱なため、扱い注意。比較的小型のミズクラゲ向きです(あまり大きいとうまく回りません)。クラゲ飼育初心者の方にはなかなかおすすめの一品。
    【Amazonで比較する】




    【クラゲのエサ】

     オキアミが主原料の人工飼料。使い方としてはまず、適量を小さな容器に入れ、海水を加え混ぜます。あとは付属の注射器で吸い、クラゲの口腕目掛け優しく吹き掛けるだけ。食い付きはなかなか良いです!ただし!クラゲも生き物ですので、他の生物の飼育と同様に、栄養が偏らないような食事を心がけて下さい。元気で形のよい個体に仕上げるためにも、これはかなり重要になってきます。理想として、常に3~4種類程度の餌はストックしておきたいですね。
    【Amazonで比較する】




    【クラゲ水槽用海水の素】

     一袋で5ℓの海水が作れます(×4袋入り)。これは別にクラゲだけではなく、他の海水魚にも使用できる一般的な「海水の素」になります。5ℓの水に本品一袋を投入するだけで丁度良い塩分濃度の海水を作ることが出来ますが、念のためやはり「比重計」は必須です。ちなみにこちらの海水の素には「中和剤(カルキ抜き)」が配合されているため、普通の水道水で溶かして使用することが出来ます。
    【Amazonで比較する】



    目次に戻る





    ●別途購入品(必需品)


    【生体:ミズクラゲ】

     これがないと話になりませんね(笑)。やはりおすすめなのは「ミズクラゲ」です。ただし生体サイズには十分気を付けて下さい。この水槽では強い水流を作るのが困難なため、大きなクラゲを入れてもうまく回らず底に沈殿し、結果溶けて死んでしまします。


    ↑こちらは規格上Sサイズ(傘径3~5cm)がおすすめ。




    【エアーポンプ】

     この「くるくるクラゲ水槽」の水流は、水中ポンプではなくエアレーションで作り出します。そのため、「エアーポンプ」が必須となります。ただしこの「エアーポンプ」にも様々な種類(本体の大きさ、エアーの吐出量、吐出口の数、低音低振動のもの等)がありますので、目的に合ったものを選んで下さい。
     この「くるくるクラゲ水槽」の場合、小型でエアー吐出口が一口あればそれで十分です。ただ個人的には、ある程度の吐出量があり、可能ならば吐出口が二口以上のものがおすすめです。「大は小を兼ねる」と言うでしょう?万が一水槽が増えた時のことなどを考えると、やはりここは大きいものを購入しておいて損はないです。


    ◆吐出口が一口のもの


    ↑コンパクトで低振動!


    ↑有名メーカー「ニッソー」のエアーポンプ。


    ↑こちらも有名メーカー「ニチドウ」の消音ポンプ


    ◆吐出口が二口以上のもの


    ↑「ジェックス」内部の音を逃がさない特殊密閉構造(二口)。


    ↑「ニチドウ」のパワフルポンプ(二口)。


    ↑「ゼンスイ」の10口タイプ!こんなにはいらないかも...




    【クラゲの餌】

     先ほどご紹介したカミハタの「クラゲのエサ」以外にも、クラゲに与えられる餌は多々あります。その中でもおすすめなのは「冷凍餌」や、「サンゴ用フード」です。そもそもサンゴもクラゲも同じ「刺胞動物」というくくりの仲間ですから、食べれないわけがないんですね。ただ注意点として、クラゲの大きさに見合ったサイズの餌を選んで下さい。小さなクラゲに大きな餌を与えても胃に入れることができません。そしてもう一つの注意点は、「餌を一気に多量与えないこと」です。一気に多量与えるとクラゲは餌を食べず、自ら出す粘液で固めて水底に落としてしまうのです。


    ◆ブラインシュリンプ・エッグ

     クラゲの餌として有名な「ブラインシュリンプ」の卵です。ソルトレイク産。海水に入れると24時間程度で孵化します。ただ、孵化後はなるべく早くに与えて下さい。ブラインシュリンプは孵化後すぐこそは栄養価が高くなっていますが、時間と共にその栄養を自らのために使ってしまいます。

    【Amazonで比較する】


    ◆冷凍ブラインシュリンプ

     「わざわざ孵化させるなんて面倒!」という方にうってつけなのはこれ!その名の通り、幼生ブラインシュリンプをブロック状に冷凍したものです。必要な時に必要な数だけ出して解凍すれば、すぐクラゲに与えられるというなんとも便利な代物。孵化したブラインと卵の殻を分離させるという面倒な作業も省け一石二鳥ですね。そしてさらに嬉しいのが、DHAやEPAなどの、本来ブラインシュリンプにはあまり含まれていない栄養素を彼らの体内に取り込ませた上で急速冷凍させたということです。まさに、「バイオカプセルフード」!!ですがやはり、これ単体を使用してのクラゲ飼育はおすすめできません。

    ▼お得な3枚セット(Amazon)
    【Amazonで比較する】


    ◆冷凍コペポーダ

     海産プランクトンの一種で、その大きさはブラインシュリンプ幼生とほぼ同サイズ。なので、小さなクラゲにも安心して与えることが出来ます。そしてこのコペポーダの一番の売りはその栄養価!ブラインシュリンプには含まれていない必須脂肪酸のDHEやEPAをコペポーダ体内に取り込ませることによって、このバイオカプセルフードは完成しました。

    ▼お得な18枚セット(Amazon)
    【Amazonで比較する】


    ◆冷凍ワムシ

     こちらも必須脂肪酸であるDHAやEPAを体内に取り込ませたバイオカプセルフードです。そしてこのワムシの一番の特徴は、そのサイズです。ブラインシュリンプ幼生やコペポーダに比べるとかなり小さいので、小型のクラゲもよく食べることが出来ます。もちろん栄養価も高いので、成長したクラゲにもおすすめです。

    【Amazonで比較する】


    ◆ズー・ブラスト

     海洋性プランクトンを主原料とする栄養価の高いサンゴ用フードです。冷蔵保存で、使用する時もボトルから直接水槽に投入できるため色々と便利!こちらも以前使用したことがあるのですが、中身を見た感じ...恐らく一番の主原料は「レッドプランクトン」と呼ばれるプランクトンですね。このプランクトンは比較的大型のため、ある程度成長したクラゲの方がよく食べていた印象が強いです。

    【Amazonで比較する】


    ◆ミクロタッチ

     こちらも元々はサンゴやイソギンチャク、ヤギなどに使用するための粉末飼料です。かなり細かいので与えすぎには要注意。原材料には甲殻類や貝類、イカ類、プランクトン類、海藻類などが使用されているため、栄養バランス的にはバッチリです。

    【Amazonで比較する】



    目次に戻る





    ●別途購入品(おすすめ品)


    【外掛け式フィルター】

     先ほども記述した通り、この「くるくるクラゲ水槽」には濾過機能がありません。そう、つまりずっと貯め水なので、すぐに水が汚れてしまう訳です。水質はクラゲにとって最も重要なもの。水質管理がきっちりできていないと急速に溶け始め死んでしまいます。そこでおすすめなのがこの「外掛け式フィルター」です。
     こちらは大抵の水槽に後付けで設置することが出来る便利なフィルターです。定期的に中の濾材(活性炭)を交換すればよいだけなので、メンテナンスも楽です。また、内側の空いたスペースに別の濾材を投入すれば、その濾過能力はぐんとアップします!(おすすめ)。ただ、やはり定期的な換水が水質維持には一番効果的ですので、濾過槽が付いたからといっても怠らないようにしましょう。


    ◆GEXスリムフィルターSSサイズ


    【Amazonで比較する】


    ◆GEXスリムフィルターSサイズ


    【Amazonで比較する】


    ◆交換用ろ過材(S/M/L用)


    【Amazonで比較する(3枚セット)】




    【冷却用ファン】

     先にも記述した通り、ミズクラゲの飼育は高水温よりも低水温の方がおすすめです。本当は水槽用クーラーを取り付けたいのですが、ポンプ機能が付いてないため設置するのは難しい...そんな時に便利なのがこの水槽用冷却ファンになります。こちらの商品、水面に風を当てることによって水温を下げる(3℃前後)といういたってシンプルなもの。「低水温にする」というよりは「水温が上がりすぎないようにする」という商品になりますね。しかし、夏場などの水温が上昇しやすい時期には意外と役に立ちます。
    【Amazonで比較する】





     さていかがでしたでしょうか?カミハタの激安クラゲ水槽「くるくるクラゲ水槽」。値段の割にはクオリティーも割と高く、クラゲ飼育が初めての方にはうれしい商品になるのではないでしょうか。ただやっぱり水槽の小ささと濾過槽が付いてないということに関しては少々頭を悩ませます。
     「クラゲをもっと大きく成長させたい!」、「クラゲともっと長く付き合いたい!」という方には、もうワンランク上の商品がおすすめですね。それではまた!カシオでした。



    ▼関連記事
    【通販購入できるクラゲの種類】ネット販売価格や飼育水槽セット紹介など。



    ハリネズミの体重!

     ミーちゃんを我が家に迎えて、約3ヵ月半が経過しました(´ω`*)
     ちなみに生まれてからは約5ヵ月半です!!

     毎日見ているのでなかなか実感はできませんが、
     昔撮った写真を見てみると驚くほど大きさに違いがあります(*´▽`*)

     なので久しぶりに

    ハリネズミのミーちゃん体重測定!!



     ちなみに以前測ったときの記事は↓こちらです(*´▽`*)

       【ハリネズミ飼育】名前決定しました!!

       使っていたプラケースがギリギリ入らず・・・今回はボールに入れました(笑)


    ハリネズミ14


       初めてボールに入れたのでおとなしく入ってます( *´艸`)



     おとなしくしてくれている間に体重計測♪♪


      ハリネズミ13


    ちなみにこのボール自体が105gあるのでミーちゃんの体重は350gです!!

       前回計測時より153gも増えてますー(*´ω`*)
     毎日見ていると気づきにくいですが、ちゃんと育っているんだなーっと実感します。

    ハリネズミの男の子平均は400から600gなのでもう少し成長しそうですね♪

     
     おとなしくしていたのは、ほんの10分ほどでした(笑)


    ハリネズミ15


     慣れてきて脱走(笑)

     元気よくて安心します(*^^*) 
       可愛い可愛いミーちゃんを温かく見守っていきます♪


    【Amazonで比較する】
    【Yahoo!ショッピングで比較する】



     

    オススメフード紹介!Zicraハリネズミフード

     

    オススメのハリネズミフードのご紹介、第二弾です(´ω`*)



     今回ご紹介するのは、

    Zicraハリネズミフード♪♪


     Zicraメーカーは専門ペットショップやネットショップで簡単に手に入れられます(*‘∀‘)

     内容量も100g/300g/750gと3タイプあり、お試しで小さいものを購入しても良し!
     大きい袋でも密閉できるようになっているので酸化が防げます(*´ω`)


    【Amazonで比較する】
    【Yahoo!ショッピングで比較する】


     Zicraフードは総合栄養食!!
     ミネラル・ビタミンはもちろんですが、鉄分も含まれています(*^^*)

     ミーちゃんの食いつき抜群なのでついついあげすぎちゃうぐらい(笑)

     粒の形はまん丸で、大きさは小粒♪♪
     大人のハリネズミだったらそのままでも食べれちゃいます(*´▽`*)ふやかしやすさもgoodです!

    ハリネズミ10


    カリカリの状態からお湯を入れて・・・5分経過

    ハリネズミ11

     たったの5分でしっかりふやけています(´ω`*)




     ミーちゃん実食タイム♪(〃ノωノ)

    ハリネズミ12

     いつも通りの食いつき( *´艸`)
     たまにカリッと感が少し残っている状態であげるときもありますが、しっかり食べてくれます(*´▽`*)


    ハリネズミ9

     本日は別アングルからも・・・♪
     結構踏ん張って一生懸命食べてます(笑)可愛いー(*´з`)


    ハリネズミフードは大容量のタイプもあります!

    【Amazonで比較する】
    【Yahoo!ショッピングで比較する】