【クラゲ豆知識①】夏以外はどこにいるの?秋や冬に見られるクラゲって?

 「クラゲ=夏」というイメージ強いかと思いますが、もちろんそれ以外の季節にも、海にはちゃんとクラゲがいます。そこで今回は、「夏によく見たクラゲ達はどこいいったの?」、「何故お盆過ぎに海に入ってはいけないの?」、「秋や冬など、寒い季節の海で見られるクラゲっているの?」などについて詳しく解説していきます。
 そしてこれは私カシオの持論なのですが、クラゲ飼育は寒い時期がおすすめです。その理由は記事後半にて記述しますのでお見逃しなく。

クラゲ豆知識①サムネ

寒い季節、クラゲは一体どこへ...?





●夏によく見たクラゲ達はどこにいったの?


【形は違えど、クラゲは年中海に】

 クラゲの季節と言えばやはりですね。毒々しい色をした「アカクラゲ」や、海岸に大量に打ち寄せる「ミズクラゲ」などは、もはや夏の風物詩の一つでしょう。しかし季節が秋に移り変わる頃になると、今までが嘘のようにパッと消え去ってしまいます。彼らは一体どこに行ってしまったのでしょう?

▼関連記事
ミズクラゲ編Part4(大量発生による被害と、クラゲの有効活用)


 では、一番メジャーな「ミズクラゲ」を例に挙げてご説明します。以下は、月ごとの「ミズクラゲの形態」を簡潔に表したものです。



5~8月
成熟した個体が出現。有性生殖をする。
8~11月
海底の岩などに付着したプラヌラがポリプとなり、成長する。
11~12月
成長したポリプは、海水温低下の刺激を受け変態し、エフィラとなる。


※この時までに、親は寿命を迎える。


12~5月
成長したエフィラは次第にクラゲとなり、5月頃に成熟する。



 そう、クラゲはその一生のほとんどが、我々の思う「クラゲ」の形をしていないのです。あれだけいたクラゲが一気に引いた海はどことなく寂しいですが、目に見えなくとも、海底で新たな世代として確かに息をしています。その証拠に、12~1月には海で「エフィラ」を観察することが出来ます。かなり小さいですが、是非一度探してみてはいかがですか?


▼関連記事
ミズクラゲ編Part 1(その魅力と生活史)
DSCF2353.jpg
↑活着したポリプから発生したエフィラ





●何故お盆過ぎに海に入ってはいけないの?


【夏に発生するあのクラゲが一番の原因】

 昔からよく、「お盆過ぎにはクラゲが出るから海に入るな」と言われてきましたが、その原因は大抵「アンドンクラゲ」というクラゲの出現に関係します。7月末ぐらいから大量に発生し始めるこのアンドンクラゲは、その強力な毒性から海水浴場などで人々に多大な被害をもたらしてきました。そしてこのアンドンクラゲ出現の一番ピークが、ちょうどお盆にあたる時期になるのです。アンドンクラゲに刺されると、体に電気が走ったような痛みを受けることから、別名「電気クラゲ」とも言われています。



 個人的には、アンドンクラゲは本当にクラゲと言ってよいものなのか疑問に感じます。というのも、クラゲ(プランクトン)の定義の一つに「遊泳能力を持たない生物」というのがあるのですが...こちらの動画を見てわかる通り、アンドンクラゲはがっつりと泳いでいます。そもそもあのクラゲ独特の動き(パルセーション)は、他の生物で言う「心臓」の役割が主であり、泳ぐためのものではありません。ですがこのアンドンクラゲは他のクラゲに比べ非常に悠長に泳いでいます。しかも眼点がかなり発達しているため、時折人から逃げるような仕草も見受けられます。
 なかなか愛くるしいクラゲではないでしょうか...刺されても許してしまいそうです。痛いでしょうが。


●寒い季節に見られるクラゲっているの?


【秋や冬など、海水温の低下した海にもクラゲはたくさん】

 それではここから、「夏以外の季節」でも見ることの出来るクラゲをいくつかご紹介していきます。


↑水族館でもお馴染みのクラゲ

【ギヤマンクラゲ】 ヒドロ虫綱/軟クラゲ目/マツバクラゲ科
学名:Tima formosa
分布:関東以北
傘径:約5cm
時期:冬~春
 名前にある「ギヤマン」とは、オランダ語で「カットグラス」を意味しています。確かに、美しいガラス細工のような容姿をしていますね。また、クラゲの中でも比較的飼育しやすい種であるということも大きな魅力で、周年展示している水族館も少なくはありません。






↑春の訪れを告げるカミクラゲ

【カミクラゲ】 ヒドロ虫綱/花クラゲ目/キタカミクラゲ科
学名:Spirocodon saltator
分布:本州
傘径:約8cm
時期:2~5月
 日本特産種。髪の毛のようになびく触手の様子から、この和名が付きました。海水温の上昇してくる2月頃から出現してくるため、「春の訪れを告げるクラゲ」として長年親しまれてきました。触手根元に見える赤い眼点や、透けた体内に見えるコイル状の生殖腺が神秘的で、非常に魅力的なクラゲです。しかしその生態には謎が多く、現在でも人工繁殖は成功していないため、水族館では基本的に「季節物」として展示されています。






↑「クラゲ」ではなく「有櫛動物」

【カブトクラゲ】 有櫛動物門/有触手綱/カブトクラゲ目/カブトクラゲ科
学名:Bolinopsis mikado
分布:日本各地の沿岸
傘径:約10cm
時期:一年中
 短いライフサイクルで繁殖を繰り返しているため、年間を通して日本中で見ることが出来ます。名前にこそ「クラゲ」と付いていますが、刺胞を持っていないため、正確には「有櫛動物」という生物になります。また、彼らの体の縁は光って見えますが、これは櫛板に当たった光が反射しているためで、別に発光している訳ではありません。




●クラゲ飼育は冬がおすすめ!?


【室温の下がる冬場はクラゲ飼育にいいこと尽くし!】

 これはあくまで私カシオの持論ですが...クラゲの飼育は冬場が一番オススメです!その理由としては、以下の事が挙げられます。

  • 水温低下→クラゲの代謝も低下。
  • クラゲの代謝低下→餌の回数や量が少なくて済む。
  • 給餌量減→水が汚れにくくなり、頻繁に水替えをせずに済む。



 クラゲを飼育する上で、水質維持はとても重要です。このことからも、冬場のクラゲ飼育はかなりのおすすめなのです。もちろんそれ以外の季節でも、水槽用クーラーなどを使用し水温を下げることで、同様の効果が期待できます。  ちなみに、一般的なショップでは夏季以外クラゲをあまり扱っていません。そのためにも、一刻も早く「安定したクラゲの生産」をARCADIAは目標として掲げています。皆様しばしお待ちを!!



【日本にいる食虫植物】どこにいるの?採っても大丈夫?気になるあれこれ徹底解説

 あまり知られていませんが、食虫植物はこの「日本」にも自生しています。そこで今回は、「日本にはどんな種類の食虫植物が自生しているの?」、「どんな場所に生えているの?」、「採っても大丈夫?」、「日本固有種もいるの?」、「通販購入できる!?その育て方は?」などといったことに焦点を当てながら、詳しくご説明していきます。
 

あなたの身近にも食虫植物がいるかも...!?





●日本にいる食虫植物


【何種類いるの?どこにいるの?採っても大丈夫?】

 日本には現在、2科4属21種もの食虫植物が確認されています。

モウセンゴケ科
モウセンゴケ属・ムジナモ属
タヌキモ科
ムシトリスミレ属・タヌキモ属

意外にも多い印象を受けますね。では一体どのような地域に自生しているのでしょうか?有名所をいくつかご紹介していきたいと思います。


◆尾瀬ヶ原(福島・新潟・群馬・栃木)

 「尾瀬ヶ原」とは、福島県・新潟県・群馬県・栃木県をまたがるようにしてある高原で、国立公園に指定されています(尾瀬国立公園)。一面湿地ですが、歩けるルートは全て木道になっているため、豊富な高山植物を観察しながら散歩出来るようになっています。ちなみに、日本百景にも選定されているそうです。


↑日本に29個ある国立公園のうち、29個目に指定された一番新しい国立公園。


 そんな尾瀬ヶ原一帯には、モウセンゴケやタヌキモの仲間が多数自生しています。が、しかし、「国立公園」ですので採集は禁止になっています。


↑モウセンゴケの一種。



◆大雪山(北海道)

 「大雪山」は北海道の中央部に位置する、日本最大級の国立公園です。広大な森林、豊富な高山植物、冬季に現れる、まるで氷河期のような白銀の世界。そんな自然環境の多様さがここの魅力となっています。そしてこの「大雪山」は様々な野生動物の生息地としても有名で、氷河期の生き残りと言われている「エゾナキウサギ」「ヒグマ」なども暮らしています。


↑日本最大級の国立公園「大雪山」。

 そんな「大雪山」にはムシトリスミレが自生していますが、こちらも尾瀬ヶ原同様「国立公園」に指定されていますので、採集は不可です。
 しかし、そんな中でも比較的標高の低い「早出峡(新潟県)」産のものは栽培・増殖が容易で、世間にも広く出回っています。


↑日本にも複数種の「ムシトリスミレ」が自生しています。



◆日光国立公園(福島・栃木・群馬)

 この「日光国立公園」は日本で最初の国立公園で、福島県・栃木県・群馬県をまたぐようにしてあります。公園区域の大半は山岳地であり、その中には北関東最高峰の「白根山」や、古くから信仰の山として名高い「男体山」、現在も火山活動の盛んな「那須岳」などが存在します。
 この「日光国立公園」は首都圏からのアクセスが良好で、手軽に大自然や歴史文化に親しめる場所として人気が高まってきています。紅葉の名所としても有名


↑美しい紅葉の名所でもある「日光国立公園」。

 そんな「日光国立公園」には、大雪山同様ムシトリスミレが自生しています。その中でも特に有名なのが、日本固有種である「コウシンソウ」と呼ばれるムシトリスミレです。こちらは霧の立ち込める極地にしか生息しておらず、日本での栽培は非常に困難だと言われています。


↑外国産ムシトリスミレ。飼育が容易なものも多くおすすめです。



 さて、これまでご紹介してきた場所はいずれも「国立公園」でしたが、もちろんそれ以外の場所にも食虫植物は自生しています。別に標高の高い場所にわざわざ行かなくとも、身近にある池や沼、湖畔の周りにある日当たりの良い湿地などに生えている可能性があります。また中には、住宅地の一角にまで進出してきたものもいるそうですね。現に私も、家の外に放置された水の溜まった水槽に、タヌキモの仲間が生い茂っていたという場面を目にしたことがあります。




●日本にしかいない食虫植物は?


【日本固有種の食虫植物って?】

 先ほど、「日本にはおよそ21種類もの食虫植物が自生している」と記述しましたが…その中には、ここ日本に”しか”いない食虫植物もあります。その一例をご紹介。

◆日本固有種の食虫植物

・コウシンソウ(タヌキモ科、ムシトリスミレ属)
 標高1.500m以上、数時間間隔で霧が立ち込め、真夏でも最高気温が20℃に達することがない環境。そんな場所に生息する日本固有種のムシトリスミレです。主に日光連山などに自生しています。

・フサタヌキモ(タヌキモ科、タヌキモ属)
 秋田県・岩手県・滋賀県・新潟県に自生する浮遊性のタヌキモ。多くの産地で絶滅寸前に危機にあります。


↑袋のような捕虫嚢で微生物を吸い込むタヌキモ。




●購入できる日本の食虫植物


【通販で購入できるものもいる!?その育て方とは】

 日本にいる食虫植物の自生地の多くが、「国立公園」などに指定されており、採集は不可となっています。しかし、その中には栽培・増殖が容易な種もあり、そういったものが実際ネット通販などで売られていたりもします。
 そこでここからは、「通販で購入できる日本の食虫植物」をご紹介(もちろんその育て方も)していきます。調べてみると以外にも、多くの種が扱われていました。是非ご自宅や職場などで育ててみてはいかがですか?

◆コモウセンゴケ

 日本では、宮城県より南の関東・東北地方・四国・九州・沖縄まで幅広く自生しています。また、オーストラリアやニュージーランド、東南アジアなどにも分布します。
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】

<育て方>
 育て方は割と簡単で、冬場気温が10℃を下回らなければ加温せずとも外に出したままで大丈夫です。冬季には発育を止めます(冬芽は作らず)が、翌春には再び元気に発育し始めます。年間を通じて、日当たりの良い場所(外)に置いてください。
 湿地などに生息しているため、切らさないようにして下さい。



◆オオバナイトタヌキモ

 元々は南北アメリカ及びアフリカに自生していましたが、現在一部の地区で帰化しています。「イトタヌキモ(日本自生種)」に比べ、花が数倍大きいのが特徴です。



 水中で生育をする植物ですから、水を張れる容器を用意しなければいけません。用意した水槽の底に畑の土を入れ、水を張り、水が澄んでくるまでしばし待ちます(上記の商品には田んぼの土が付いてくるそうです)
 そうしたらあとはタヌキモを入れ、日当たりの良い場所に置きましょう。年間を通じて外に置いて下さい。冬場も加温する必要はありません。



◆モウセンゴケ(種)

 北半球の広範囲にわたり分布している最もポピュラーなモウセンゴケ。日本でも平地や湿地などに広く自生しています。
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】

<育て方>
 育て方は「コモウセンゴケ」とあまり変わりません。ただ、「コモウセンゴケ」と比べるとやや耐寒性があるので、いくら寒くても加温する必要はありません。そのかわり若干暑さに弱いため、夏季には発育がやや落ちます。しかし、秋季には再び発育を開始するためご心配なく。ちなみにこちらの商品は種から育てる「栽培キット」になります。





 いかがでしたでしょうか?日本にも思った以上に食虫植物はいたようです。しかし個人的には、よっぽどのこだわりがなければ「外国産の食虫植物」をおすすめします。
 今まで散々日本の食虫植物を紹介しておいて今更何をと思われる方もいらっしゃるかと思いますが...これにはちゃんと理由があります。一つ目の理由は、「外国産の物は種類が豊富で、しかも日本のものに比べると育てやすいものが多い」というもの。そして二つ目は...個人的にはこれが一番重要でした。「室内で育てることの出来る食虫植物が多い」というものです。大好きな食虫植物をせっかく買うのであれば、是非とも目の届きやすいところに置いておきたいという気持ちが強かった訳です。
 日本のように四季がある国に自生している植物は、冬の間十分に外で休眠する必要があるため、必然的に室内でも栽培は困難になります。しかし外国産のものの中には、「常時温暖な環境」も多いため、そういった植物は室内の日当たりの良い場所(+植物用照明)で栽培することが可能なのです。こればかりは個人の自由ですが...皆さんも「食虫植物」を買うときには一度考えてみて下さい。
外で育てる食虫植物か、室内で育てる食虫植物か。それぞれに魅力があるため迷うかもしれませんが。それではまた、カシオでした。




▼関連記事
【食虫植物を育てるコツ】以外にも簡単!?絶対に失敗しないためのポイントとは

【ハエトリソウの育て方】花は咲く?何種類の品種があるの?詳しい栽培方法から販売値段まで

【中華クラゲでダイエット!?】気になるその栄養やカロリー、作り方まで

 ダイエット食品としても注目されている「中華クラゲ」。今回は、そんな中華クラゲの栄養や効能、作り方、原材料のクラゲ紹介、気になるカロリーまで徹底解説していきます。記事後半には、カシオおすすめの中華クラゲ料理、「きゅうりと中華クラゲの和え物」のレシピもご紹介します。歯ごたえがあり食べごたえ満点ながらも、カロリーは低い...そんな夢のような一品です。




<目次>

●栄養・効能について
●中華クラゲのカロリー
●原材料は何クラゲ?
●中華クラゲの作り方
●おすすめのクラゲレシピ


●栄養・効能について


【クラゲは95%が水分...つまり栄養は?】

 クラゲの体は約95%が水分で、その他5%のたんぱく質などで体が構成されています。そう、つまりビタミンなどはほとんど含まれていないのです。確かにこの保水力の高いたんぱく質、「化粧品」として有効ですが、体内に取り入れたところでその栄養価にはあまり期待出来ないようです。
 しかし漢方の世界では、ちゃんと薬効があるとされているようです。主な効能としては、二日酔い体のむくみ改善、また便秘改善などが挙げられます。



▼関連記事
【クラゲ化粧品】クラゲ由来のコラーゲンでぷるぷる素肌に!?近年注目されつつあるクラゲ化粧品紹介

目次に戻る





●中華クラゲのカロリーについて


【本当にダイエットに適している?他の食材とのカロリー比較】

 さてそれでは、一番気になる「クラゲは本当にダイエットに適した食材なのか?」についてお話ししていきます。
 みなさんは、「ダイエット向けの食材」と聞いて真っ先に何が頭に浮かびますか?鶏肉?お酢?大豆?玄米?あるいは魚?パッと思い浮かべるだけでも様々あるかと思います。そしてそれらの食材にはそれぞれ、ダイエットに向いていると言われる理由(効能・栄養)があります。そう例えば...。

  • 穀物:食物繊維豊富で、腹持ちが良い。
  • お酢:脂肪燃焼を促進させる。脂肪が付きにくくなる。
  • 鶏肉:高タンパク低カロリー。


 これはもう世間の一般常識ほど普及している情報ですね。さてそれでは本題、栄養価は乏しいと言われている「中華クラゲ」をわざわざ摂取するというのは、ダイエットをするうえで一体どのようなメリットがあるのでしょうか?それはずばり、「カロリー」です。


【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】

 なんとこのクラゲ、100gあたりたったの22kcalしかありません。分かり易いよう、他のダイエット向き食材のカロリーを出してみましょう。すると...。

  • クラゲ(味付け無し100g)・・・22kcal
  • 豆腐(100g)・・・72kcal
  • バナナ(100g)・・・86kcal
  • 鶏ササミ(100g)・・・105kcal
  • 玄米(100g)・・・165kcal
  • 鶏ムネ肉(100g)・・・191kcal


 ササミよりもはるかにカロリーが低いというのは驚きです。確かに栄養価自体にあまり期待は出来なくとも...その独特の食感・歯ごたえでお腹の満足感は十分、そのうえカロリーがものすごく低いというのは嬉しいですね。
 ダイエットをされている方の中には、お腹の満足感を「胃袋の満タン度」だと思われている方も多いようですが、そうではありません。「お腹がいっぱい」と感じるためには、食べ物をよく噛み、脳に「食べている」と思わせることが大切です。よく噛み飲み込むことで、通常よりも早く「お腹がいっぱい」だと感じるはずです。これはつまり、脳が「もう食べるな!」と指令を出しているからなんですね。何が言いたいのかというと、歯ごたえのあるものをよく噛んで食べることで、早くお腹がいっぱいになれるということです。そしてこれにうってつけなのがまさにこの「クラゲ」ではないでしょうか?


目次に戻る





●原材料は何クラゲ?


【原材料は世間を騒がせたあの超巨大クラゲ!?】

 「中華クラゲ」と聞くと、キノコの一種「キクラゲ」と誤解される方も多いとは思いますが、スーパーなどで「中華クラゲ」として売りに出されている物は、正真正銘の海に棲むクラゲが原材料(エチゼンクラゲ・ビゼンクラゲ・ヒゼンクラゲ)となっています。その中でも特に有名なのはやはり、ニュースで一躍有名となったあの超巨大クラゲ「エチゼンクラゲ」ですね。今回はせっかくなので、「中華クラゲ」の原材料になっているクラゲ達を種類ごとに詳しくご紹介していきたいと思います。


↑重さ200kgにも達する世界最大級のクラゲ。


【エチゼンクラゲ】 鉢虫綱/根口クラゲ目/ビゼンクラゲ科
学名:Nemopilema nomurai
分布:東シナ海~日本海
傘径:約120cm
時期:夏~秋
 まさに世界最大級のクラゲで、成長すると重さ200kgにも達します。主に夏から秋にかけて対馬海峡を渡り、日本海側にやってきます。大量に押し寄せてきたエチゼンクラゲは日本の漁業に大きな被害をもたらしましたが、そんなエチゼンクラゲをなんとか有効活用できないかと様々な研究がなされ、多くの特産品が産まれたのもまた事実です。
 特に有名なのは、エチゼンクラゲから抽出されたたんぱく質の一種、「ムチン(後にクラウムチンと命名)」です。抗菌作用や保湿効果が期待できるこの「ムチン」は今、医療や化粧品などの幅広い分野で活躍しています。
 ちなみに、かなり強い刺胞毒を持っています。




ビゼンクラゲ
↑食用クラゲの中でも高級品とされているビゼンクラゲ。


【ビゼンクラゲ】 鉢虫綱/根口クラゲ目/ビゼンクラゲ科
学名:Rhopilema esculentum
分布:本州、九州沿岸
傘径:約50cm
時期:夏~秋
 大型の食用クラゲ(食用クラゲの中でも高級品)。有明海ではクラゲ漁も行われています。ビゼンクラゲはこれまで「スナイロクラゲ」とば別種であると考えられていましたが、近年「スナイロクラゲ」は「ビゼンクラゲ」にまとめられました。ちなみに名前の「ビゼン」とは、岡山県周辺の「備前地方」で採集されていたことに由来します。
※現在は「備前地方」では見られず、「肥前地方」で見られる。




ヒゼンクラゲ
↑有明海においては、「白クラゲ」と呼ばれている。


【ヒゼンクラゲ】 鉢虫綱/根口クラゲ目/ビゼンクラゲ科
学名:Rhopilema hispidum
分布:有明海以南
傘径:約60cm
時期:夏~秋
 クラゲ漁が行われている有明海では、ヒゼンクラゲのことを「白クラゲ(乳白色のため)」ビゼンクラゲのことを「赤クラゲ」と呼んでいます。ヒゼンクラゲはビゼンクラゲに比べ個体数は少ないとされていますが、東南アジアでは食用クラゲとして主に採集されています。刺胞毒は強めです。


目次に戻る





●中華クラゲの作り方


【作り方は意外と簡単。ミズクラゲでも作れる!?】

 それではここからは、海で泳ぐクラゲがどのように加工され「食品」となっていくかをご説明していきます。加工方法は意外と簡単で、言うなれば「塩漬け」にするわけです。


 「塩漬け」をする理由は別に味付けをするという意味ではありません。先程も記述した通り、クラゲの体は95%以上が水分で出来ているため、普通に食べてもあの独特なコリッとした食感はうまれません。そのため、塩やミョウバンを使い脱水をするのです。浸透圧の関係で徐々に水分の抜けていったクラゲは非常に小さくなってしまいますが、凝固されたタンパク質のおかげで歯ごたえのあるあの食感がうまれるわけです。

  • ①クラゲの触手・付属器を除去する。
  • ②真水を使い洗浄する(ミズクラゲの場合、数日餌止めをし胃を空に)。
  • ③塩とミョウバンを6:1の割合で混ぜ合わせ、クラゲと一緒に2~3日漬け込む。
  • ④出てきた水分だけを捨て、更に1日程漬け込む。
  • ⑤水分が多すぎる場合は、再度④の工程を。


 かなり大雑把に書くとこのようになります。ちなみにこの過程は、以前私が「ミズクラゲ」を加工した際に行った方法です。このクラゲを実際に料理で使う際は、まずクラゲを真水でよく洗い、沸騰したお湯に入れ少し縮むまで湯通しをします。その後1~2時間程冷水に漬けておけば準備完了です。市販の塩クラゲのもどし方も、この方法と同様のやり方で行えます(湯通しが短すぎると磯臭さが残り、長すぎても食感が落ちてしまいますのでご注意を)。
 そしてこの水で戻したクラゲに味付けを行なったものが、市販されているあの「中華クラゲ」になります。そもそもクラゲ自体に味が付いていないため、このような料理が一般的になりましたが、単に醤油やポン酢を付けただけの刺身でも美味しく頂けます


【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】


目次に戻る





●おすすめのクラゲレシピ


【低カロリーでダイエットにおすすめ!超簡単クラゲレシピ】

◆ササミときゅうりのクラゲサラダ

 低カロリー高タンパクで有名「ササミ」食感の良いきゅうりを使ったサラダです。梅肉やポン酢(orお酢)を入れることで、よりさっぱりと召し上がれます。歯ごたえ満点で腹持ちも良い、ダイエットにも最適な一品です。

<材料>