【絶対に失敗しない水合わせの方法】海水淡水関係なく使える方法をご紹介!

 初心者でも絶対に失敗しない点滴による水合わせのやり方をご紹介します。この方法を覚えておけば、海水魚や淡水魚、熱帯魚、無脊椎動物に至るまで様々な水生生物に応用可能です。
 また、「水合わせの重要性」についてのお話や、動画中に登場した用品・新入り生物、おすすめ水合わせ用品のご紹介なども合わせて行っていきます。
 「水合わせ」は生き物を水槽に迎え入れる時の、第一の壁です。正しい知識を持って行いましょう。

ロゴ(白バック用)



<目次>

●水合わせの重要性について
●海水魚の水合わせについて
●絶対に失敗しない水合わせ方法
●動画に登場した用品・新入り生物
●おすすめ水合わせ用品紹介


●水合わせの重要性について


【水合わせって何?そんなに大事なの?】

 「自宅水槽の水」と「購入したお店の水槽の水」とでは、水質が異なる場合があります(水温・ph・比重等)。そのため、やって来てすぐにそのまま水槽に入れてしまうと魚がショックを受けてしまい、最悪即死してしまうことも... 。そのために行うのが、「水合わせ」です。ゆっくりと水質に慣れさせていくことで生体への負担を軽減させ、最悪のケースを避けることが出来ます。




目次に戻る




●海水魚の水合わせについて


【海水の水合わせは淡水よりも楽!?】

 一般的に、淡水生物よりも海水生物の方が水合わせは楽だとされています。それは、海水は淡水ほどph(水素イオン濃度)の変動が激しくないからです。そのため、淡水生物水合わせ初心者の方でよく生じる「phショック」はあまり心配せずとも大丈夫です。ただし、安定したphを維持するのは水生生物の健康を考える上で非常に重要になってきますので、定期的な水質検査は欠かさないようにして下さい。



 phは14段階まであり、0~6が酸性、7が中性、8~14がアルカリ性となります。ちなみに、海水魚飼育に適切なphは8.1~8.5ぐらいまでの「弱アルカリ性」だと言われています。


▼以下ph測定用商品


【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑瞬時にphを測定できます。(海水・淡水両用)



【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑こちらは試験紙タイプ。安いですが、使用できる回数決まっています。





【水温を合わせる重要性について】

 それでは、海水魚の水合わせで一番注視するべき事柄は何なのでしょうか?それは、「水温」「塩分濃度」です。
 水の中で生活をする生物と我々人間とでは、そもそも温度の感じ方が違います。私たちにとっててはたった1℃の温度変化でも、彼らにとっては3~4℃の変化(3~4倍)があるのと同じなのです。いかに水温が重要なのか、これで分かりますね。ほんの数度の温度変化が命取りにもなり得るわけです。

▼水槽には必ず水温計を


【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑吸盤タイプ。吸盤の劣化には注意が必要。



【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑センサーのみを水槽内に入れるタイプ。液晶なので水温が確認しやすい。





【比重を合わせる重要性について】

 比重とは、大雑把に言えば「塩分濃度」の事です。海の比重はおおよそ1.023。水槽内の比重の数値もこれに合わせる必要があります。この比重も生体の健康維持にはとても重要で、1.022~10.25の間を常に維持して下さい。
 水槽内の比重が変化(主に上昇)していく現象の主な要因は、水分蒸発にあります。飼育水が蒸発し水位が徐々に下がっていっても、蒸発しているのは水分だけであり、その水に溶け込んでいる物質はそのまま残ります。つまり、「水分の蒸発により塩分濃度が上昇」してしまっているわけです。
 ここでよくある間違いが、水位が下がってきたからといって「海水」を足すことです。こうすることで必然的に飼育水の塩分濃度はぐんぐん上昇し、生体の生死にも関わります。そのため必ずカルキ抜きをした「淡水」を足しましょう。この時の注意点としては、一気に多量の「淡水」を足してしまうと水質が急変してしまう恐れがあります。数回に分けるなどの配慮が大切です。そして何より、「定期的な比重の測定」を心がけて下さい。

▼3タイプの比重計


【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】



【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】



【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑瞬時に比重が測れる高性能な屈折比重計。3つの中では一番高価。


※比重計は、「水温」によって数値がばらつくという特性があります。そのため、特に作り立ての海水を測定する時などは注意が必要です。人工海水は24℃程度の一定した水温の水で作り、その後水が透明になってから測定して下さい。



目次に戻る




●絶対に失敗しない水合わせ方法


【点滴でゆっくり水合わせ。動画で詳しくご紹介】

 それでは、詳しい水合わせ方法を動画にてご説明します。動画中に登場した用品・新入り生物については後程ご紹介します。



目次に戻る




●動画に登場した用品・新入り生物


【エアーストーン・エアーチューブ】



【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑動画中の物と同サイズ(90cm水槽にて)。これだけ大きいとチューブが浮き上がることはありません。



【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑一回り小さいタイプ。ある程度重い方が安定はしますが、邪魔だと言う方に。



【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑水合わせ以外にも様々な用途に使えるエアーチューブ。




【新入り海水魚紹介】



【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑温厚な性格で色も鮮やか、水槽を華麗に彩る「キンギョハナダイ」



【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑臆病な性格なので、複数投入して群れを作らせてあげましょう。鮮やかなライトブルーの「デバスズメダイ」。



【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑底砂を綺麗にしてくれるクリーナーとして大活躍します。「ミズタマハゼ」


目次に戻る




●おすすめ水合わせ用品紹介


【水合わせ用品セット続々登場!】

 今回使用したものは、自分でいくつかの商品を選んで勝手に組み立てたものですが...ちゃんとした「水合わせセット」も販売されています。そこで、個人的におすすめの水合わせセットをご紹介していきたいと思います。


【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑チューブをわざわざ結ばずとも、付属のコックで水量を調整できる便利な水合わせセット。



【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑エアーポンプからエアーストーン、バケツに至るまで全てがセットになったお得商品!


目次に戻る






 いかがでしたでしょうか?「水合わせ」は、生体の命にも直結する大切な作業です。なるべく慎重に行って下さい。また動画中では海水魚(脊椎動物)のみの紹介でしたが、同じ方法でクラゲやサンゴ、甲殻類などの水合わせも行うことが出来ます。ただしその時は魚の場合よりも点滴量も少なくし、時間も倍近くかけて下さい。
 楽しいアクアライフを!それではまた、カシオでした。





【食虫植物を育てよう!】種類別の管理方法から、おもしろ雑学・グッズ紹介まで。

 虫を食べてしまう不思議な植物「食虫植物」。ここでは、そんな食虫植物達を種類ごとに解説していきます。(原産地・生息地・育て方・増やし方・販売店など)
 「ネズミやカエルを食べてしまうほど巨大な食虫植物がいる!?」、「蚊やコバエ退治には効果がない!?」、「日本にもいた食虫植物!?」など、耳よりの面白い情報も多数記載。また、食虫植物関連の図鑑やグッズ、健康食品などもご紹介していきます。



これを読めばあなたも食虫植物を育ててみたくなる...?
知られざる食虫植物の世界へようこそ。





<目次>

●「食虫植物」って何?
●食虫植物の分類について
●絶対に失敗しない!?食虫植物を育てるコツ
●種類別食虫植物図鑑
●日本にいる食虫植物たち
●食虫植物のおもしろ雑学
●おすすめの食虫植物図鑑・グッズ


●「食虫植物」って何?


【食虫植物ってどんな植物?その定義とは】

 「食虫植物」とは字のごとく、虫を捕食し自身の栄養にする植物のことを指します。ここで間違えないでほしいのが、「たとえ虫を捕まえても、消化・吸収しなければそれは食虫植物ではない」ということです。
 よく間違えられるもので有名なのが、「ラフレシア」です。その奇抜な見た目や特徴的な臭いなどから周囲にハエが群がってくるため「ラフレシア=食虫植物」と勘違いされることが多々あります。しかし、その目的はあくまで「受粉」のためであり、ラフレシア自体が寄ってきた虫を捕食することはありません。


↑死肉のような独特な臭いでハエなどをおびき寄せ、受粉させる。


 またもう一つ有名なのは、庭先などにも勝手に生えてくる「ムシトリナデシコ」です。茎の節から出る粘液により虫が捕まっている光景を目にした方も多いとは思いますが...これは虫を捕まえるだけで、消化・吸収することはありません。では何故このようなことをするのかと言うと、「アリなどの、受粉には適さない昆虫が密を獲りに来るのを防ぐため」だと言われています。確かにアリには花粉が付きにくそうな気もします。ですので、このムシトリナデシコも食虫植物ではないのです。


↑よじ登ってくる昆虫は、茎の節から出る粘液によって捕らえられる。


 このように、食虫植物と間違われる植物は以外にも多く存在します。そこで考え出されたのが、「食虫植物のスペシャリスト達」が考案した「食虫植物の定義」です。そこには、以下のように記されています。

◆虫や小動物たちを捕まえるための、特殊な器官を発達させている。


◆消化酵素や共生しているバクテリアなどを利用し、捕まえた獲物を消化・吸収する。


◆吸収した栄養分を自身の栄養にする。



 上記のことを満たした植物が「食虫植物」ということになります。


目次に戻る





●食虫植物の分類について


【新種も続出!知られざる食虫植物の世界】

 現在世界で、12科20属約550種もの食虫植物が確認されています。またそれらだけではなく、これから更に研究が進んでいけば「今まで普通の植物だと思っていたものが、実は食虫植物だった」なんてことも増えてくると考えられます。そしてもちろん、新境地で新たな食虫植物が発見されるということも大いにあるでしょう。下手をすれば、新たな科・属が増えていくことも予想されます。それほどまでに、「食虫植物」とは未だ多くの謎が秘められた植物なのです。

▶モウセンゴケ科
 ドロセラ属・ドロソフィルム属・ディオネア属・アルドロバンダ属
▶タヌキモ科
 ピンギキュラ属・ウトリクラリア属・ゲンセリア属
▶ビブリス科
 ビブリス属
▶ロリヅラ科
 ロリヅラ属
▶ツノゴマ科
 イビセラ属
▶イソマツ科
 ブルンバーゴ属
▶ディオンコフィラム科
 トリフィオフィラム属
▶ネペンテス科
 ネペンテス属
▶サラセニア科
 サラセニア属・ヘリアンフォラ属・ダーリングトニア属
▶セファロタス科
 セファロタス属
▶パイナップル科
 ブロッキニア属・カトプシス属
▶ホシクサ科
 パエパランツス属


目次に戻る



●絶対に失敗しない!?食虫植物を育てるコツ


【触ってはだめ?虫はあげなくていい?置き場所は絶対に変えてはダメ?】

 「食虫植物」と聞くと、育てるのが難しいというイメージはありませんか?夏場ホームセンターや植木市で見かけ気になって購入してみるも、すぐに枯らしてしまった...という経験をされた方もいらっしゃるのでは?
 確かに癖の強いものもありますが、きちんとコツさえ掴めばどんどん成長し、花を咲かせ、実を付けさせることも可能です。こちらでは、そんな食虫植物たちを育てるコツについてお話しします。正しい知識を身に着ければ、意外にも簡単に育てることが出来ます。是非ご自宅でチャレンジされてはいかがですか?



【食虫植物を育てるコツ】以外にも簡単!?絶対に失敗しないためのポイントとは



目次に戻る



●種類別食虫植物図鑑


【食虫植物を種類ごとに徹底解説!】

 食虫植物の原産地・生息地・育て方・増やし方・販売店などを、種類ごとに詳しく解説していきます。食虫植物を育てるためにはまず、その生態や生息地を知ることが何よりも重要になってきます。彼らが普段生息している環境を再現することで、状態良く成長させることが出来るのです。




【ハエトリソウの育て方】土は?種類は?増やし方は?季節別の管理から販売値段まで



目次に戻る



●日本にいる食虫植物たち


【何種類いるの?日本固有種がいるって本当?】

 「食虫植物=熱帯の植物」という印象が強いため、あまりピンと来ないかもしれませんが実はここ日本にも、食虫植物は自生しています。こちらでは、「日本にはどんな種類の食虫植物がいるの?」、「どこに生えているの?採っても大丈夫?」、「自宅でも育てることは可能?」、「日本固有種がいるって本当?」などといった疑問にお答えしていきます。あなたの身近にも食虫植物がいるかも...???



【日本にいる食虫植物】どこにいるの?採っても大丈夫?気になるあれこれ徹底解説


目次に戻る




●食虫植物のおもしろ雑学


【ネズミやカエルを食べる?蚊やコバエ退治には効果が無い?】

 こちらでは、食虫植物に関するおもしろい雑学についてお話ししていきます。「ネズミやカエルを食べてしまう程巨大な食虫植物がいる!?」、「蚊やコバエ退治には効果がない!?」、「別に虫を与えなくても良い!?」。
 誰かに話してあげたくなるような、目から鱗の雑学が目白押し。



Coming Soon!!


目次に戻る



●おすすめの食虫植物図鑑・グッズ


【食虫植物関連商品!図鑑から健康食品まで!?】

 こちらでは、食虫植物関連のグッズやおすすめの図鑑などをご紹介していきます。またそれだけではなく、「食虫植物が原材料の健康食品」についても詳しく載せていきます。
 様々な可能性を秘めている植物、「食虫植物」...ますます興味がわいてきませんか?


【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】

Coming Soon!!


目次に戻る


【絶滅した海の生物の化石ガチャPart1】狙いは最古の藻類「ストロマトライト」!!そのラインナップから化石関連グッズ紹介まで

 「化石の発掘セット」などはよく見かけますが、ガチャガチャで見たのは初めてでした。そこで今回は、偶然発見した化石ガチャ「絶滅した大むかしの海の生物」についてご紹介していきたいと思います。
 狙いは最古の藻類「ストロマトライト」の化石!!無事に当たったら詳しくストロマトライトのご紹介をしようと思っていましたが...当たりませんでした(笑)ということで、Part2まで続きます。
 今回は試し(?)ということで4回購入してみました。それでは見てみましょう。

化石ガチャ①




●「絶滅した大むかしの海の生物」ラインナップ


【本当に本物の化石…?店員に聞いてみた!】

 こちらが「絶滅した大むかしの海の生物」ガチャのラインナップになります。

化石ガチャ⑦

・アンモナイト類
・直角石類
・うみゆり類
・うに類
・さんご類
・ストロマトライト
・三葉虫類
・腕足類
・サメの歯化石
・モササウルスの歯(大当たり)


 ちょくちょく「類」と書いてあるのが気になりますが...中々マニアックなラインナップで好感が持てます。そして気になったのが、ガチャ機にも書いてある「ホンモノ」という文字...本当に?実際に店員さんに聞いてみました。

店員さん「間違いなくホンモノです」

 だそうです。流石に偽物であっても「偽物です」とは言わないでしょうが...それを察してか、どこから来たものなのかを少し説明してくれました。という訳で、紛れもなく本物です!


●今回の化石ガチャ成果発表


【①アンモナイト類】

化石ガチャ③

 言わずと知れた「アンモナイト」です。恐らく太古の海の生物の中でも、一二を争う知名度ではないでしょうか?運よく一回目で当たりました。そして驚いたのが、きちんと専用の容器に入っているというところですね。しかも三つも。これで300円ならかなりクオリティが高いのではないでしょうか??ちなみにこの「アンモナイト」は、「頭足類」に分類されており、イカやタコと同じ仲間になります。


▼「アンモナイト」関連商品




↑ホンモノのアンモナイトを加工したペンダントです。革紐もしくはチェーンが付いてきますので、すぐに身に着けることが出来ます。



↑同じくこちらも、アンモナイトを加工したペンダントになります。断面が綺麗。


【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑これまた珍しいアンモナイト型のお皿になります。




【②直角石類】

化石ガチャ④

 こちらもイカやタコと同じく「頭足類」にあたります。一番の近縁種で言うと「オウムガイ」らしいのですが、オウムガイとは違い殻が真っすぐに伸びています。いわゆるご先祖様というわけですね。


▼「直角石・オウムガイ」関連商品




↑化石の周りを削り、さらに綺麗に磨き上げたもの。インテリアにどうぞ。



↑生きた化石「オウムガイ」。歴史を感じさせてくれます。ゆらゆらとした動きがまた可愛い!


【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑オウムガイのミニミニマスコット。携帯やスマホなどのお供にどうぞ。



【③うみゆり類】

化石ガチャ⑥

 名前から植物の「ユリ」を連想させますが、実はこれウニやヒトデ、ナマコの仲間(棘皮動物)にあたります。現在でも深海に生息しているようです。


▼「ウミユリ」関連商品




↑ウミユリの他に三葉虫や頭足類も入っている「化石発掘セット」



【④さんご類】

化石ガチャ⑤

 サンゴはイソギンチャクやクラゲなどの仲間(刺胞動物)になります。詳しくは以前に記述したミズクラゲ編Part 1(その魅力と生活史)や、ミズクラゲ編Part 2(体の構造と生態について)をご覧ください。クラゲもサンゴ同様刺胞動物であるため、生活史は酷似しています。


▼「サンゴ化石」関連商品




↑サンゴの化石をふんだんに使用したブレスレット。母なる海の力強さが得られる...かも。


【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】
↑高級な赤珊瑚を使用したピアスです。少々お高いですが、値段相応の価値あり!


 
 いかがでしたでしょうか?中々奥深い化石の世界...こんな生物たちが太古の海で生活してたなんてロマンがありますね。ただ、中には「サンゴ」「オオムガイ」のように、進化して生き延びてきた生物もいます。そういった生き物たちを飼育してみるのもまた違った感動がありますね。
 今回は残念ながら一番ほしかった「ストロマトライト」が当たりませんでしたが...恐らく当たるまでやると思われます(笑)。Part2で終了出来れば良いのですが...それではまた、カシオでした。


化石ガチャ②



▼Part.2へ続く
【絶滅した海の生物の化石ガチャPart2】遂に当たり!念願の「ストロマトライト」