【カミハタ ポラリオⅢ】左右交互に水流を作り出す、淡水・海水両用の新感覚プログラミングサーキュレーター!その特徴や仕様、評判などについて

 今回は、カミハタより発売されている新感覚プログラミングサーキュレーター「ポラリオⅢ」のご紹介をしていきます。この商品の面白いところはやはり、「左右交互に水流を作り出す」というところですね。これにより水槽内に自然な水流ができ、水が効率よくかき混ぜられることで海藻やサンゴなどの成長を促します。

ポラリオⅢ



●ポラリオⅢの特徴や仕様


【ポラリオシリーズの特徴や、ポラリオⅠ・Ⅱ・Ⅲの違いについて】

 「ポラリオ」シリーズの特徴は以下のようになっています。

◆2方向に、交互に水流を発生させる水中ポンプ。

◆淡水・海水両用。

◆水流はあらかじめプログラム制御されており、一定時間三段階に分けて水流が強まった後、今度は反対方向へと水流が切り替わる。(水流0%→50%→75%→100%)

◆ブラケットで、360°方向調整が可能。

◆強力なマグネットホルダーでしっかり固定。

◆水の淀みを軽減し水質を安定させる。



【ポラリオⅠ】

 ・最大流出量約66(L/min)
 ・適合水量目安35~100L
 ・ポンプサイズ48×50(奥行×直径mm)
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】

【ポラリオⅡ】

 ・最大流出量約116(L/min)
 ・適合水量目安100~190L
 ・ポンプサイズ54×60(奥行×直径mm)
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】

【ポラリオⅢ】

 ・最大流出量約166(L/min)
 ・適合水量目安150~380L
 ・ポンプサイズ54×60(奥行×直径mm)
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】

↑実際に手にした大きさ。

ポラリオⅢ③


●水槽内に設置したポラリオⅢ


【90cm水槽に実際に設置してみました!】

 自宅の90cm海水水槽に、ポラリオⅢを設置してみました。前面から見た様子がこちらです↓
(水槽が汚れているのはご了承下さい...)

ポラリオⅢ⑤

コードは見えていますが、ポンプ自体が小型なためライブロックで隠すのは簡単ですね。

ポラリオⅢ⑥

こちらは水槽上部から見た様子になります↓

ポラリオⅢ④




●個人的商品レビュー


【90cm水槽だとやや馬力不足...でも面白い!!】

 90cmには、ポラリオⅢであってもやや流量が足りない気がします。ただこれには水槽のレイアウトや個人の好みなどが関係するので一概には言えません...少なくとも私の場合、海藻もあるためもう少し強い水流でもよかったかな?と感じました。
 なのでメインのポンプがこれ一台...というのは厳しいですが、水槽の両側に取り付ければまた面白くなりそうです。なんせ二台付けても四方向から水流が出てくる訳ですからね。かなり複雑な水流が発生していい感じになりそうです。ただこれが60cmの水槽であれば、ポラリオⅢ一台だけで十分な気がします!

 感想が色々出てきますが、要点をまとめるとこんな感じでしょうか?↓
・90cm水槽だとやや力不足。60cmだと十分な気がする。
・水流の強さが変化していくのは面白いが...0→50%の間の、水流が発生しない期間がやや長い。
・ポンプの両側から交互に水流が発生するため、従来のポンプより複雑な水流が出来る。
・片側の向きだけ変えることは不可能なため、一方を上向きにするともう片方は必ず下向きになる。
・90cm水槽の場合、メインポンプ一台とこのポラリオⅢを併用すればかなりいい感じに?もしくはポラリオⅢ二台でもいいかも...



【購入者・利用者の評判】

★★★★☆
 価格は安くて良かったのですが、水流が思ってたほど強くありませんでした。
★★★★★
 非常にいい水流を作り出してくれています。 90cm水槽で使っているのですが、ポラリオⅢで調度いいくらいだと思いました。そんなに熱を出さないのに水流は強く、左右にランダムな水流を作ってくれるのがいいです。 難点としては、両側面から交互に水流を発生させるため、下向きな水流を作ることが出来ないことでしょうか。

 商品の購入を考える際、その商品のレビューをチェックするのはとても大切なことですね。本当に参考になります。

ポラリオⅢ②




 
 いかがでしたでしょうか?本日はカミハタの「ポラリオ」についてご紹介致しました。水槽用のサーキュレーターも種類豊富で色々と目移りしてしまいますが...これからも気になった商品はお財布と相談しながら買いあさっていきたいと思います(笑)。
 それでは、カシオでした。

【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】



パキスタンローチの学名、飼育方法(餌・水温・混泳)、販売値段

 インド、パキスタン原産のローチで、近年ではアクアショップで見かけることも増えてきました。
 体側の白と黒の模様が全身に入り、その色や模様がアルファベットでYOYOと落書きされた様に見えるので英名では「YOYO Loach」とも呼ばれていますようです。
 この模様は個体差が大きく、幼魚のころから成長とともに変化していくので成魚になるまでどんな模様になるか分からないためとても面白みがあります。
 性格は比較的温和なので混泳も問題ありませんが、同じように底を泳ぐような種類とはケンカをする場合もあるため隠れ家を多く作ったり、なかなか表へ出てこない場合は複数匹入れると泳ぐようになってくれます。


パキスタンローチ


コイ目/ドジョウ科/ボティア属



●パキスタンローチとは


【学名】

Botia almorhae

【分布】

パキスタン・インド

【全長】

約7cm

【飼育難易度】

普通

【飼育水温】

24~28℃

【餌】

人工餌料、冷凍赤虫

【混泳】

底層を泳ぐ仲間とはケンカをする場合がある。

【販売値段】

3匹セット 1100円

【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】


▼以下関連商品

【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】



【PSBQ10】通性嫌気性菌で水質浄化!その効果や使い方、評価について

 「Leaf Corporation」より発売され、最近何かと話題になっている「PSBQ10」。今回はその「海水用」を実際に使ってみた感想や、使い方、効果、また他の利用者からの評価などについてまとめました。こういった類の添加剤は個人的に、「気持ちの問題」が大きいのではないかと思っているところもありますが...さてこの商品は一体どうなのでしょうか。

PSBQ10





●通性嫌気性菌とは??


【500mlに5.000億個の生菌配合!その特徴とは?】

 通性嫌気性菌とは、簡単に言えば「酸素のある環境でも無い環境でも生存できる菌」のことです。
 通常水槽内に蓄積されたアンモニアや亜硝酸などの生物に有害な物質は、「好気性のバクテリア」によって更に害の低い「硝酸塩」に分解されます。しかしこの「好気性バクテリア」は字のごとく酸素のある環境でしか正常に生育出来ないため、水槽内には常に酸素が供給されていなければなりません。
 その一方で「嫌気性のバクテリア」というものも存在します。こちらも字のごとく酸素の無い環境でしか正常に生育することは出来ません。こちらは先程の硝酸塩を「窒素」に分解することが出来ます。一般の水槽ではこの「嫌気性のバクテリア」を常在させることが困難なため、水槽内に蓄積された「硝酸塩」は、「換水」をすることによって除去するのが最も一般的だとされています。


●「PSBQ10」の効果について


【亜硝酸除去?コケの発生抑制?気になるその効果とは】

 「PSB Q10」のもたらす効果は以下の通りです。

◆アンモニアや亜硝酸を除去し、水質を安定させる。

◆コケの発生要因である「リン」を除去する。

◆白濁りの原因である有機物を除去する。


 この中の「除去する」というのは、正確に言えばこの「PSBQ10の生菌が食べて分解をする」ということらしく、なんとこの分解時にはコエンザイムQ10(水槽内の生物に活力を与える)が副産物として発生するそうです。
 またこの菌はアンモニアを窒素源として利用しているため、水槽内のアンモニアを速やかに減少させてくれます。







●「PSBQ10」の使い方


【正しく使って最大限の効果を!】

 「PSB Q10」の使い方は以下の通りです。

・飼育水12Lあたり10mlの添加(例:160Lの場合150ml添加)。
 (なおこの時、濾過槽やフィルターに添加するとより高い効果を発揮する)
・水槽セット時や換水時、また魚の輸送時などにも使用可能。
・ライブロックのキュアリング時にも。
・よく振ってから投入する。
・水槽内に直接投入する際は、生物に直接かからないようにする。
・10~14日ごとに初回量と同量を添加するとより効果的。

※キャップ一杯:約7ml。
※他のバクテリアとの併用で更に効果を発揮。
※こちらの「PSBQ10 海水用」は「PSB Q10 淡水用」とは違い、海水中でその能力を最大限に発揮できるよう調整したもの。





●個人的商品レビュー


【飼育水の透明感が増し、キイロハギがアクティブになった!...気がする】

 これは確かに気持ちの問題が大きく関係してくるのかもしれません...少なくとも実際にアンモニアや亜硝酸濃度を測って検証したわけではないのですが...。
 しかし飼育水の透明感が増し、コケの発生が弱まったのは確かだと思います。これもこの「PSB Q10」によって飼育水中の栄養塩(亜硝酸)や有機物が分解されたからでしょうか?そこまで頻繁に換水をしなくてもここまで透明感を保てたのは、もしかするとこの商品のおかげなのかもしれません...。
 なにがともあれ、やはり定期的な換水や安定した濾過バクテリアが保てていれば、必ずしも必要なものではないのかも...。私はこれからもお世話になるつもりですが(笑)。批判的すぎるのも面白くないですからね。せっかくあるのだから使ってみましょう。



【購入者・利用者の評判】

★★★★★
 海水用・淡水用両方使ってみました。水の透明度が増し、魚も餌の食いつきがよくなったように感じます。新しい水槽を立ち上げようと思っているので、リピートしようと思います。
★★★★☆
 立上げ後の水槽に使用。5日後、検査紙や生体等に特別な変化はありません。なので、今の所は調子の良い水槽で使用しても大丈夫かな・・・。今度は新規立上げ水槽や問題のある水槽などで試してみたいです。臭いはきついですが・・・。
★★★☆☆
 水は最初こそ濁りましたが、すぐにきれいになり透明感が増したように感じます。海水魚は生き生きとしていますが、貝類の元気が少し気になります。死んだりはしていませんが・・・巻貝がよく裏向きになっています。

 やはり、効果が実感できた方もそうでない方もいるようですね。しかし私同様、「水の透明度が増した」と感じられた方もそれなりにいるようなので...あながち間違いではないのかもしれません。



 
いかがでしたでしょうか?今回は「PSBQ10」についてご紹介させて頂きました。日々様々なメーカーから面白い商品が続々登場していますが...好奇心にまかせこれからも色々使ってみたいと思います。確かに、こういった類の商品は必ずしも水槽を持つ上で必要なもの...とは言えませんが、だからといって批判的になるのではなく、自分なりに試してみるのもまた、アクアの楽しみの一つなのではないでしょうか?それではまた、カシオでした!

【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】


↓こちらは「PSBQ10」の淡水用になります。
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】



【SAFE SEA】99.9%クラゲに刺されない不思議な日焼け止め!?その効果や使い方、評判などについて

 99.9%クラゲに刺されない不思議な日焼け止め「SAFE SEA」。今回はその効果や使い方、評判などについてまとめてました。



 夏と言えば海水浴やサーフィンなど、海でのレジャーが盛んになる季節ですが...そんな時に心配なのはやはり、クラゲによる被害ではないでしょうか?種類によっては人の命に関わる程の猛毒を持つクラゲも...。そこで今回ご紹介する商品は、そんなクラゲ達を寄せ付けないというなんとも面白い成分を配合した日焼け止め、「SAFE SEA」です。

【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】



●効果・成分について


【何故クラゲに刺されない!?気になるその効果や成分について】

 この商品を製作したイスラエルのニダリア社が掲げるコンセプトは、「クラゲの営みを邪魔せず、同じ海を楽しみたい」というものでした。そう、この商品は「クラゲを寄せ付けない」のではなく、「クラゲに仲間だと思わせることで刺されないようにする」というものだったのです。まさに発想の転換ですね。会社のコンセプトに見合った商品となったわけです。
 しかし肝心の謎が残っています。どうやって仲間だと認識させたのでしょうか?それにはある魚たちの生活からヒントを貰ったそうです。



 その魚たちとは、クラゲやサンゴ、イソギンチャクなどの刺胞動物と呼ばれる生物と共生している魚のことです。有名所で言うと、「ファインディング・ニモ」で一躍有名になったあのカクレクマノミなどが挙げられます。この「SAFE SEA」は、そんな魚たちが毒から身を守るために分泌する粘液に着目して作られました。そのため、クラゲはこの「SAFE SEA」を体に塗った人間を外敵だと認識しなくなったということなのです。



●使い方について


【99.9%の効果を実感するために】

 その効果を十分発揮させるためには、正しく使用することがなによりも大事です。ここで今一度確認しておきたいと思います。

①体に沿って線を引くように絞り出し、体によく伸ばしていく。
 (ボトル容器のものに比べ、チューブタイプの方が若干粘度があるため注意)
②液が白から透明になるまで塗り込んだら、日陰で約10分乾かす。
③効果は約2時間持続。海から上がり、再度入水する場合は①から塗りなおす。


 結構面倒くさいような印象も受けますが...クラゲに刺されないためにもこの手順は必ず守って下さい。


●購入者・利用者の評判


【効果を実感できた方が大多数!】

★★★★★
 サーフィンをする際のクラゲ避けと日焼け止め目的のために購入しました。少し多めに塗ってしっかりと乾かしてから入水すれば効果があります。塗って乾かさずに入るとすぐ落ちてしまって、普通に日焼けしてしまいます。肝心なクラゲについては、今のところ刺されずに済んでいます。
★★★★★
 2時間程なら落ちずにもってくれます。クラゲに対しての効果はわかりませんが...保険だと思って使い続けています。
★★★★☆
 夏には必ず使います。クラゲが多い時は長い触手が手足や首に絡まったりしていますが、触れても毒を出さないので刺される事なく離れていきます。塗り方にムラがあったり、効果の持続時間を過ぎると刺されてしまうので注意がいりますが、その場合も軽症で済みます。他のメーカーのクラゲよけは塗っても多少刺されますが、SAFESEAはスーッとそのまま離れていきます。

 驚くべきことに、購入された方の大多数が効果を実感できているそうです。これはかなり期待大...私は海水浴にはあまり行きませんが、一度家の水槽で試してみたく思います(笑)。



●種類豊富!SAFE SEAラインナップ


【子供用からSPF0タイプまで!豊富なラインナップ】

◆SAFE SEA(ADVANCE UVA / UVB) SPF50

 ビタミンB/ビタミンE配合。ヨーロッパの規定に基づいた、最高値のUVA防御率。

【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】


◆SAFE SEA(ADVANCE UVA / UVB) SPF30

 SPF30タイプ。日本の紫外線量を考えるとこれでも十分かと...。

【Yahoo!ショッピングで比較する】


◆SAFE SEA(SKIN LOTION) SPF0

 「クラゲに刺されたくないけど肌は焼きたい...」という方にお勧め。SPFゼロのタイプです。

【Yahoo!ショッピングで比較する】

◆SAFE SEA(ADVANCE UVA /UVB KIDS TUBE) SPF50

 持ち運びにも便利なチューブタイプ。キッズ用と書いてはありますがもちろん大人も使えます(肌の敏感な方用)。SPF50。

【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】


 
いかがでしたでしょうか?夏の時期、なかなか重宝しそうなアイテムではないですか?個人的には自身の体で本当にクラゲに刺されないのかを実証してみたい所ではありますが...是非機会があればチャレンジしてみようかとおもいます!それでは、カシオでした。