ゼブラダニオの学名、飼育方法(餌・水温・混泳)、販売値段

 インド原産のコイの仲間で、よく見ると口元には2本のヒゲを持っています。飼育のしやすさや繁殖が可能なことから人気があり熱帯魚の入門種として古くから親しまれています。
 別名ゼブラフィッシュと言われており、その名の通り白と黒の縞模様(シマウマ模様)が特徴です。オスは婚姻色がでてくると体色が変化し、白い部分が黄色がかった色になります。
 人工飼料も冷凍飼料もよく食べてくれるため飼育自体は難易度も低いですが、高い遊泳力から泳ぎが遅い魚との混泳や、水槽からの飛び出しに注意が必要です。

ゼブラダニオ

コイ目/コイ科/ダニオ属



●ゼブラダニオとは


【学名】

Danio rerio

【分布】

南米

【全長】

約5cm

【飼育難易度】

普通

【飼育水温】

23~28℃

【餌】

人工餌料

【混泳】

同サイズなら可能

【販売値段】

SMサイズ 10匹セット 約1100円
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】


▼以下関連商品
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】



ペンギンテトラの学名、飼育方法(餌・水温・混泳)、販売値段

 色味に派手さはないが、模様の入り方と独特の泳ぎ方が愛らしい熱帯魚です。
 体の中心を通る黒色のラインはそのまま尾ヒレまで入っていますが尾ヒレの下部分しかラインが入っておらず、斜め上に向かってピョコピョコ泳ぐ姿はまさしくペンギン!他にテトラ系を入れていても泳ぎ方が特徴的なので目立ちます。
 餌は冷凍飼料から人工飼料までなんでも食べてくれるので心配はありませんが繁殖は決して簡単という訳ではないのでオススメできません。
 近年では、体が丸っこく長さが短いバルーンタイプのペンギンテトラも流通しています。

ペンギンテトラ

カラシン目/エリスリヌス科/Thayeria属



●ペンギンテトラとは


【学名】

Thayeria boehlkei

【分布】

南米

【全長】

約5cm

【飼育難易度】

普通

【飼育水温】

23~28℃

【餌】

人工餌料

【混泳】

同サイズなら可能

【販売値段】

5匹セット 900円前後
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】


▼以下関連商品
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】



ラミノーズテトラの学名、飼育方法(餌・水温・混泳)、販売値段

 真っ赤な頭部が特徴の人気熱帯魚です。
   ラミーノーズテトラのラミーは酔っ払いという意味で、その名の通り赤い鼻(顔・頭部)をしています。体色は透明がかった白色で尾ヒレに入っている白と黒の縦縞模様が特徴です。
 水槽に入れて馴染むまでは色味が落ちていますが、調子が良くなると次第に赤みが増していき、弱酸性の水質に維持できれば大変綺麗になります。この種は数匹でも水槽に入れると群れて泳いでくれるので、水草水槽の緑に映えて美しいです。

ラミノーズテトラ

カラシン目/カラシン科/へミグラムス属



●ラミノーズテトラとは


【学名】

Hemigrammus bleheri

【分布】

南米

【全長】

5cm

【飼育難易度】

普通

【飼育水温】

23~28℃

【餌】

人工餌料

【混泳】

同サイズなら可能

【販売値段】

SMサイズ 180円前後
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】


▼以下関連商品
【Amazonで比較する】
【Yahoo!ショッピングで比較する】